ドッグフードの真実

ドッグフードの真実をお話しします。
あなたはドッグフードはどれも同じと思っていませんか?

まず、あなたはドッグフードを選ぶ際に、何を基準にされてますか?

無添加かどうかで選ぶ方もいるでしょうし、
原産国や成分で選ぶ方もいるでしょう。

また、やはり価格で選ぶ方もいると思います。

そして中にはどんなドッグフードでも一緒だと思われている方も多いと思います。

尚、今からお話しすることは、
メーカー等が一切公表していない、いわゆるドッグフードの現状です。

正直、今からお話する内容を聞くと、ドッグフードはどれでも一緒だと
思われる飼い主さんはまずいなくなると思います。

それぐらい実は違いがあるんです。

よく無添加という言葉をパッケージに使用して販売しているメーカーがありますが、
この無添加と表記するためには、ある一定の基準をクリアする必要があります。

それは、フード製造の段階で無添加だということです。
これをクリアしていれば無添加と書いてもいいわけです。

言い換えると、ドッグフード製造の過程以外は、
極端な話、毒を混ぜても無添加表記できるということです。

まあ、さすがに悪徳メーカーでも毒は入れないと思いますが・・・。

ただ、毒は入れませんが、原料製造の段階で大量の化学調味料などの
添加物を使用していても問題ないため、
実際にそのようにして無添加表示しているところは多いようです。

もちろんメーカーも商売ですから、そのような事実は一切発表しません。

もちろん発表しなくても、法律違反でも犯罪でもないわけです。

なので、表記されている無添加などという表記は、
全く持って意味が無いと言っても過言ではありませんし、

それどころか大きくそのような表記がある場合は、
逆に警戒すべきドッグフードと認識してもらったほうが良いくらいです。

もちろん、実際に愛犬にあげてみて、
変化が見られ信頼できるドッグフードであれば問題ないですが。

次に原産国ですが、これも前述の無添加表記の問題と同じくトリックがあります。

現在、原産国表示とは、最終製造の国を表記してありますから、
要は、一番大事な原材料を生産している国は表記されないわけです。

例えば、原材料を生産している国が中国でも
製造段階が日本であれば国産と表記してもOKなわけです。

なので、この原産国の表記もほぼ意味がない表記と言えます。

そして、価格についてですが、実はこれが最もわかりやすく、
たいていの場合、価格と品質は比例しているので一番参考になったりします。

主にドッグフードは、安価なレギュラーフードと高価なプレミアムフードに分けられ、
何百円のものから何千円のものまで幅広く販売されています。

前者のレギュラーフードは、基本的に価格に見合った内容になっていますので、
愛犬の栄養面や将来の体調の事を考えると私はお勧めしません。

こういったフードは先ほども言いましたが、
規制のトリックを使用していかに良質のフードとうたい、格安で販売しているように見せてあります。

ちなみに私は、こちらのドッグフードをお勧めしています。

⇒ 獣医師もお勧め!100%無添加!ワンちゃんが喜ぶフード

100%無添加として有名ですが、半信半疑の人もいるかもしれませんが、
しかしこれはそんなことはなく、明らかに違いがみられます。

私がおすすめする信頼できるドッグフードです。

レギュラーフードなどの、人工添加物で「かさ増し」しているフードと違って、
粗悪な原料が入っていないので、1日に与える量がかなり少なくてすみます。

ドッグフードを変えると、うんちに変化が現れて、合っているのかどうかすぐにわかります。
うんちも良好で匂いが臭くなくなったことに驚きました。それだけ悪いものが入っていない証です。

ダックス 元気

プレミアムフードでこれだけ質のいいフードでありながら、
この価格は他ではないと思います。

私はもう何年もこのフードのみにしています。毛の艶などすぐよくなりますし、
いいものは犬自信もわかるものです。健康で長生きするためにおすすめです。

PAGE TOP