その他情報

犬の暑さ対策(熱中症対策)

愛犬の暑さ対策(熱中症対策)は大丈夫ですか?
まず室内犬の暑さ対策についてお話しします。

犬の敵として代表的なものに、「暑さ」がありますね。
もともと犬は暑さに弱く、熱中症になりやすいと言われています。

あなたは、愛犬の暑さ対策どうしていますか。

そもそも、犬は汗をかかないので、
私たち人間が思っている以上に、夏場の暑さは辛いと思います。

ハ~ハ~、している姿を見て放ってはおけませんよね。

「うちは完璧です」
と言い張る飼い主さんもいるかもしれませんが、本当に完璧でしょうか。

もう一度よく見直してほしいなと思います。

日中の暑い最中だけでなく、一日中冷房ガンガンで過ごさせていませんか?

もちろん、共働きで日中家を留守にし、家のいたるところ開けっ放しでは出られないので、
仕方なくエアコンを稼動させて出かけるなどの理由は仕方がないと思います。

ただこのような理由がないのに、エアコンをつけっぱなしにしているのは、どうかなと思います。

「ハ~ハ~暑がっているから冷房でクールダウン」



犬本来の換毛の時期を遅らせたり、犬にとっては迷惑な話極まりないのだと思います。

本来犬は、日の出、日の入り、気温、湿度などから換毛の時期(タイミング)を計っているのに・
エアコンでハイ!クールダウンしましょうね。

それでは、暑さ対策、寒さ対策ができなくなるので、結局は犬に負担がかかるのです。

ですので出来るだけエアコンにはあてないように気を配ることが大切です。
これは人間も同じですが、エアコンを使うほど、からだは暑さ、寒さに対応しにくくなっていきます。

では、エアコンを使わずに、どう暑さ対策をすればよいのか。

基本的には、窓を全開にし、扇風機なども使い熱気がこもらないようにすることです。
熱中症対策は、とにかく熱がこもらないようにすることです。

熱のこもりやすい室内や車内、ペットキャリーで留守番をしているときに最も起こるケースが多いからです。
そして、エアコンを使わないことで、極端な温度差に寄る体調不良や風邪の心配もありません。

他には、日差しを防ぐために部屋のカーテンを閉めたりも大事です。
細かいことで言えば、飲み水に氷を浮かべておくことも有効です。

熱中症の原因の多くは、飼い主がちょっと注意すれば防ぐことができるものです。
ですので、細かいことでも気を配ることが大事になります。

犬の熱中症対策

ちなみに、犬の熱中症の症状は、
「ハァハァ」と“呼吸が速くなり苦しそうな症状”になります。

また、物を吐いたり痙攣を起こしたり
虚脱状態になり失神して意識を失う事もあります。

いつもと様子が違うなとか犬が熱中症の症状ではないかなと感じたら
すぐに応急処置の治療をしてあげましょう。

犬の熱中症 応急処置の治療

犬が熱中症の症状をしていたら、まずは犬の体を冷やしてあげましょう。
冷たい水をかけたり扇風機やエアコンで体を冷やしてあげましょう。

意識があれば水を飲めるだけ飲ませてあげましょう。
熱中症の治療では、できるだけ早く体温を下げる事が大切です。

応急処置をしたらすみやかに動物病院で診察を受け、治療をしてもらいましょう。

動物病院での犬の熱中症の治療は、
体を冷やすとともに点滴で水分補給を行い血圧に異常がないか経過を診ます。

熱中症になりやすい犬がいる?

犬の中でも特に、シーズーやペキニーズ、パグ、ブルドッグ、ボクサー
などの短頭種は、体の特徴から呼吸がしづらく熱中症にかかりやすい犬種といわれています。

また、その他に、太り過ぎや肥満の犬はさらに熱中症に掛かりやすいと言われています。

日頃からフードなどの食事の管理をし、ダイエットを心がけるようにしましょう。

関連記事

  1. 犬がテレビを見るのはなぜ?

  2. 犬は暑さに弱い

  3. 犬の散歩は食前と食後のどちらがいいか

  4. 犬も楽しいと笑う?

  5. 犬の肥満度チェックとダイエット

  6. しつけは時間がかかるからいい

PAGE TOP