その他情報

犬の散歩は食前と食後のどちらがいいか

犬の散歩のタイミングで食前と食後どちらがいいのか説明いたします。
ちょっとの違いですが、これだけで犬の散歩から得られる効果が変わってきます。
 
さて、犬の散歩は食前と食後のどちらがいいと思いますか?

その前に、散歩をする目的の一つに肥満対策がありますね。

食事をおいしそうに食べていると、飼い主としても嬉しくなり、
犬が喜んで食べている姿につられ、食事の量が多くなり、気がつけば太っていた。
というパターンも多いでしょう。

犬の体調管理も飼い主の仕事のひとつです。

犬の体型が崩れないよう、そして犬が健康でいるために
食事の量を考える必要があり、同時に散歩も必要になります。

食べ過ぎて肥満になってしまったのであれば、すべきことはダイエットですね。
あなたは、犬のダイエットにどのような方法を思い浮かべますか。

多くの場合「散歩の距離を増やす」という考えが浮かぶと思います。
たしかに犬のダイエットとして考えられる代表的な方法のひとつです。

シンプルな方法ではありますが、
散歩の距離を増やすのは時間もかかりますし、飼い主も疲れます。

もっと単純な方法があります。

それは犬の散歩のタイミングを、ほんの少し変えればいいのです。
歩く量を変えなくても、歩くタイミングを変えるだけでいいのです。

散歩をするタイミングに意味があるのか、と疑問を持つかもしれませんが、しっかり意味があります。
結論から言えば、犬の散歩は「食後1時間後」にするのがいいです。

これが、犬にとって最も糖分を燃焼しやすく、ダイエット効果が高い散歩のタイミングです。
まず悪いパターンとして「運動をしてから食事」の場合からご説明しましょう。

空腹状態で運動すると、よりカロリーを節約しようとする体質に変わります。

ですから運動後に食事をしてしまうと、
省エネモードの体質で多くのカロリー摂取になり、糖分が脂肪として蓄えられやすくなるのです。

逆に「食べた後に運動」はどうでしょうか。
食後とはいえ「食べた直後」はおすすめできません。最低でも食後1時間は待ちましょう。

食後の散歩

食べた直後は、食事が胃の中に入ったばかりのため、まだ血糖値が上がっていない状態です。
そもそも胃の中に食べたものがたくさん詰まっているので、運動しづらいこともあります。

しかし、食後1時間たてば、胃から腸へと食べたものが移動します。
そして、いい具合に食べた食事の糖分が血液中に含まれ、血糖値が上がっている状態です。

このタイミングで適度な運動をすれば、糖代謝が効率よく行われ、痩せやすくなるのです。

「食前か、食後か」。たったこれだけの違いですが、ダイエットには大きな効果があるのです。

ついでに、犬の食事のタイミングだけでなく、
飼い主も同じタイミングで食事をすれば、なおよしです。

飼い主にとっても、脂肪を燃焼しやすくなるので、
カロリー消費がうながされるようになります。

「犬の散歩は、食後1時間後」

このルールを心に留めておきましょう。

ほんの小さな工夫ですが、大きな効果が得られるのです。

時間がないからという理由で、食後すぐに犬の散歩をするのはやめましょう。
人間でもそうですよね。ご飯を食べたすぐ直後に走ったらどうなるか考えましょう。

これと同様で、運動したすぐ直後に食事はよくありません。

関連記事

  1. ストレスサインをチェック

  2. 聴覚にも優れた能力がある

  3. 犬も楽しいと笑う?

  4. 犬がテレビを見るのはなぜ?

  5. 症状を見逃さないために

  6. 犬のひげの役割とは?

PAGE TOP