その他情報

しつけは時間がかかるからいい

あなたは、すぐに愛犬がお利口になる魔法の方法があれば満足ですか?
テクニックなどで即効性のある方法もありますが、基本的にしつけは時間がかかるからいいのです。

あなたもおそらく、「早く愛犬にお利口になってもらいたい」
なんて思っているのではないでしょうか。

「早くマナーやしつけを覚えてほしい」
これはほとんどの飼い主に共通する願いでしょう。

やはり面倒がかかるのは大変なので、
少しでも早くしつけを覚えて、マナーや良識ある犬に育ってもらいたいと願います。

一見、当たり前のことのように思えます。しかし、本当にそうでしょうか。

例えば、もし、1日で無駄吠えや拾い食い、トイレなど、
あらゆる問題行動がなくなりしつけのすべてを覚えたとしましょう。

すると、次の日から何もしなくてよくなります。
これは楽なようで、これほど辛いことはないのです。

しつけの楽しみも思い出もありません。

あえて言いますが1日で問題行動がなくなり、
あらゆるしつけを覚えるというのは魔法以外ありえません。

この魔法のしつけで愛犬がお利口になったとし、愛犬、そしてあなたは幸せになれるでしょうか?
苦労も悩みもなければ、楽しみもありません。

犬のしつけは早ければいいというわけではありません。
逆なのです。犬のしつけは、時間をかけるからいいのです。

覚えるのが遅いからこそ、毎日の楽しみになります。

「今週はこれができるようになった。来週はこれを覚えさせよう。」と
ゆっくりじわじわだからこそ、楽しみが持続します。

しつけ 時間

たとえ、時間がかかってもいい。

しつけに手間と時間がかかるからこそ、他の飼い主との「ペットを飼うのは大変ね」
という会話に共感できるようになり、友達が増えやすくなります。

苦労も悩みも、しばらく経てばいい思い出になるでしょう。

覚えの悪いのは当然です。人間ではなく犬だから当然なことなのです。
ですので、犬のしつけには時間がかかります。

「ウチの子はバカで何も覚えてくれない」という飼い主がいるとすれば、
自分の根気のなさや飽きっぽさを言っているのです。

「なかなか覚えない」=「時間をかけていない」ということです。

そしてバカな犬やダメな犬はこの世に一匹もいません。間違いなくどんな犬も賢いです。
まあ、飼い主によって変わってきますが。

ですので、犬のしつけには時間がかかるということを理解しましょう。

また、覚えの悪い犬のほうが、
「私(飼い主)がいなければこの子だけでは生きていけない」と思えるようになります。

仕事でへこたれても
「仕事を辞めれば稼ぎがなくなる。飼っている犬の食費を誰が稼ぐのだ」と思います。

すると、仕事へのやる気へと変わるはずです。

ひとりではなにもできない犬がいるからこそ、底力がめきめきと出るようになります。

なにより、適度に物覚えが悪いほうが、飼い主を笑わせてくれるものです。
おっちょこちょいで、トンチンカンで、間抜けな犬の姿は、飼い主を笑わせてくれます。

癒やしになります。

苦労や悩みも多いぶん、笑いが絶えない日常になり、飼い主の生活は華やかになるのです。
だからこそ、しつけは時間がかかるほうがいいのです。

「この子のためにがんばろう」という気になり、今日も明日もがんばれるのです。

関連記事

  1. 犬の肥満度チェックとダイエット

  2. 症状を見逃さないために

  3. 犬のひげの役割とは?

  4. 犬の暑さ対策(熱中症対策)

  5. 犬がテレビを見るのはなぜ?

  6. 聴覚にも優れた能力がある

PAGE TOP