その他情報

犬も楽しいと笑う?

あなたは愛犬が笑っているのを見たことがありますか?
人間が笑うみたいに、いわゆる笑顔になる犬はけっこう多いのです。

見たことない人にとっては、「犬は笑わないでしょう」と思うかもしれませんが、
実際に見てみると、本当に笑っていると感じることでしょう。

厳密に言えば、笑っているのではなく、笑っている真似をしているようです。
本来、犬は「笑う」という表情をつくることはできません。

「寂しさ」「怒り」などの表情はあるのですが、
おもしろくて笑う笑顔をつくることは本来できないはずです。

犬は、尻尾を振ることで喜びなどの感情を伝え、
犬の社会では笑顔を作るということはありません。
(ちなみに必ずしもしっぽを振る=嬉しいではありません)

それが飼い主と一緒に過ごし、表情を観察しているうちに、
嬉しいときに笑顔になるということを学習します。

犬 笑う

そして飼い主の笑顔を真似して、嬉しいときは犬も笑うようになるのです。

しかし犬の顔で笑顔を作るのは難しいらしく、
犬は笑っているつもりでもなかなか気づいてはもらえないようです。

犬の笑顔は、鼻にシワを寄せて上唇を上げるというのが一般的です。

これで目を細めたら完璧だと思うんですが、そこまでは難しいのでしょう。

犬に話しかけるとき、いつも笑顔になってニコニコとしていると、
まれに飼い主の表情を犬が真似をし始めることがあるようです。

「真似」とは、人間だけでなく、あらゆる動物に共通する学習手段です。

その結果、犬もうれしいときに顔で表情をつくって、表現する場合があるのです。
特に、表情豊かな飼い主に育てられると、笑顔をつくる犬になりやすいようです。

ペットは飼い主に似るとはこのことなのです。
そして、犬が飼い主の笑顔を判断できるのか実験されています。

飼い主の笑顔と無表情の2種類の写真を並べて見せ、
笑顔の方に鼻で触れたらえさを与えて訓練したそうです。

その後、飼い主が帽子やメガネで変装した写真で同様の実験をした結果、
平均で85%の高い割合で表情を見分けたのです。

この結果犬は笑顔をほぼ見分けられるそうです。
犬は人間に近いコミュニケーションができるのです。

犬のしつけも無表情でせず、笑顔で褒めれば飼い主の感情がより伝わるでしょう。

関連記事

  1. 犬は暑さに弱い

  2. 犬のひげの役割とは?

  3. 犬の肥満度チェックとダイエット

  4. 犬の散歩は食前と食後のどちらがいいか

  5. しつけは時間がかかるからいい

  6. 症状を見逃さないために

PAGE TOP