その他情報

犬の糖尿病予防を

犬の糖尿病はけっして珍しいことではありません。
糖尿病の原因は飼い主さんにある場合がほとんどですので、日頃から予防や観察をしましょう。

糖尿病の原因とは

犬の糖尿病は人間と同じように、インスリン不足が原因でおこりますが、
肥満や妊娠、そして遺伝的なことが原因でおこることもあります。

ほとんどは食べ過ぎと運動不足、それによる肥満によるものです。

インスリンは血液中のブドウ糖を細胞内に取り込んだり、
体内で脂肪やたんぱく質を合成する働きをもつホルモンで、
取り込めなかった糖分が尿に含まれるようになるため、糖尿病と呼ばれます。

糖尿病の症状は?

糖尿病の初期によく見られる症状は次の通りです。

・尿の量が異常に増えます。
・尿量が増えるためのどが渇き水をガブ飲みします。
・食欲が旺盛でよく食べるが、その割には体重が減ってきます。

しかし、初期は水ぶくれのようになっているので、見た目ではわかりにくいことが多いです。
病気が進行すると、目に白内障が出ることもあります。

治療は、病気が軽いときは食餌療法と定期的な運動で肥満を解消させることが有効で、
はっきり糖尿病の症状が出ているときは、インスリン注射もあわせて行います。

犬 糖尿病

やはり大事なのは予防です。
脂質や炭水化物にかたよらない、バランスのとれた食事と適度な運動で肥満にならないようにすることです。
メスは、避妊手術をすると病気にかかりにくくなります。

そして糖尿病で恐ろしいのは糖尿病が引き起こす合併症です。
白内障や神経障害などさまざまな合併症が起こります。

また糖尿病の完治は難しいので症状が悪化しないように食事内容の見直しなどが必要になります。

犬の糖尿病予防を注意することは、飼い主さんの責任です。

「可愛いから…」「食べたがってる…」などと言って、
必要以上にご飯はあげないようにして下さい。

これでは、犬の糖尿病の予防どころか愛犬の命を縮めてるかもしれません。

犬の場合、治療はほぼ100%インスリン注射を打たねばなりません。
もしも打たないと愛犬の症状は悪化し、最後には二度と会えなくなります。

また犬の場合の費用は入院するかによりますが、1か月に3万~8万の費用はかかります。
お金ではありませんが、犬の症状をよく覚えておき、病気になる前に予防してあげましょう。

関連記事

  1. 犬がテレビを見るのはなぜ?

  2. 犬の暑さ対策(熱中症対策)

  3. 聴覚にも優れた能力がある

  4. 犬のひげの役割とは?

  5. 犬の散歩は食前と食後のどちらがいいか

  6. 犬は暑さに弱い

PAGE TOP