その他情報

犬の肥満度チェックとダイエット

犬の肥満は様々な病気にもつながります。

「うちのこは大丈夫」と思っている場合でも実は肥満だったというケースもあります。
もし、肥満だとわかれば病気を引き起こさないためにも、ダイエットしていきましょう。

普段から犬を見ていても、気づかないうちに体重が増えていたなんてこともあります。
一度愛犬が肥満ではないかチェックする必要があります。

ここでは、肥満度チェックとダイエットについてお話しいたします。

まず、愛犬を見て、おなかにくびれがない、一日中寝ている、
歩くときにヨタヨタしている、お腹を触っても手があばら骨にあたらない
・・・など、

一つでも当てはまることがあればあなたの愛犬は肥満かもしれません。

肥満は目に見える病気だけでなく、体の中の病気の原因ともなります。
「ちょっと体が大きいだけ」と目を背けずに一緒に愛犬の体をチェックしてみましょう!

犬の場合は、目視と触った感触による
ボディコンディション・スコアで肥満を診断します!

では、順番にご説明します。

『痩せ』

肋骨や骨盤などが外から簡単に観察できる。触ると脂肪が確認できない。
腰のくびれとお腹のつり上がりが顕著にわかる。

『やや痩せ』

肋骨が簡単に触れる。上から見ると腰のくびれが顕著でお腹の吊り上りも明確である。

『理想的』

触ると脂肪と肋骨が触れる。
上から見て肋骨の後に腰のくびれがみられる。横から観察してお腹の吊り上りが認められる。

『やや肥満』

触ると肋骨は確認できるが、脂肪がやや過剰である。
上から見て腰のくびれは観察できるが顕著ではない。お腹の吊り上りはやや認められる。

『肥満』

厚い脂肪に覆われていて肋骨が簡単に触れない。
腰からしっぽにかけて脂肪がついている。腰のくびれはほとんど確認できない。
おなかは吊り上っておらず垂れ下がっている。

犬 肥満

どうですか?ぜひ、チェックしてみてください。
もし、肥満だという場合は当然ですがダイエットが必要になります。

基本的なダイエット方法もご紹介いたします!

基本的には、食事によるダイエットと運動によるダイエットの2つになります。

食事面によるダイエット

まずは食事の量を減らしましょう。
摂取量を測って、いつも与えている60%~70%程度に減らします。

ドッグフードの量を測っていない飼い主さんはフードの量を決めるところから始めましょう!
空腹感を抑えるために1日の量を3~4回に分けて与えて下さい。

注意しなければいけないことは絶食は絶対にしないでください。
犬は、生来的に飢えに強い生き物で絶食による減量効果は有効ではありません。

仮に減量できたとしても体重が元に戻ったときに、
以前の状態よりも脂肪が付いてしまう傾向にあります。

また食事の量を60%以下にしないでください。

あまり急激な減量は危険を伴います。

通常ドッグフードはエネルギー要求量が満たされることを
前提に食事の量が設定されていますので、
極端に制限されるとさまざまな栄養素が不足する可能性があるため危険です。

運動によるダイエット

運動は食事制限と同時に行うと効果的です。
特に運動量を増やすと体重の減少に加えて体脂肪を減らすことができます。

しかし急激に運動量を増やしたり、突然過激な運動をするのは、
肥満の犬にとっては体に負担が掛かり危険です。

犬種にもよりますが一日に20分程度を1週間に2~3日から始めて、
次第に運動量をと運動時間を増やしていって下さい。

基本的には、ランニングですが、
大型の肥満犬の場合肢に負担がかからない水泳が良いと思います。

関連記事

  1. 犬の散歩は食前と食後のどちらがいいか

  2. 犬も楽しいと笑う?

  3. 足を引きずる仮病をする?

  4. 犬は暑さに弱い

  5. 聴覚にも優れた能力がある

  6. しつけは時間がかかるからいい

PAGE TOP