犬のしつけの基本

おすわり、待て、お手ができればいい?

10数年前まで、しつけと言えば、
エサを目の前にしたおすわりと待て、そしてお手ができることでした。

家庭で飼われている犬は、その程度のことしかできませんでした。
それだけでも、来訪者には「お、よくしつけられているね」などと言われたものです。

しかし、一緒に仲良く暮らし、どこにでも一緒に出掛けられ、楽しい時間を共有できる。

そうした家族のような存在に犬をしたいのなら、
おすわりと待て、お手ができる程度のしつけでは、話にならないのです。

犬に指示

仲良く一緒に暮らしたいのなら、室内の決められた場所で排泄ができる、
無駄吠えをしない、お留守番ができる、大人しく抱かせる、
こうしたことを教えないとならないのです。

・どこにでも連れていきたいのであれば、引っ張って歩かない、
・信号待ちなどで大人しく座って待てができる、
・ドッグカフェなどに連れて行きたいのなら食事中ずっと大人しく飼い主の足下で伏せ、待てができる、
・泊りがけで出かけたいのならハウスで大人しく待機できる、

こうしたことを教えていく必要があります。

楽しい時間を共有したいのなら、犬をどこに連れて行っても
ストレスを感じないように、社会的な刺激に十分慣らす必要があります。

飼い主との関係も、良好でなければなりません。

昔のしつけ方は、おすわりであれば、
犬が嫌がっても無理やりお尻を押さえつけるというものでした。

おすわりと待てとお手だけを教えるのなら、こうした方法でも可能なのも事実です。

しかし、それ以上のことは方法を理解しないと、教えるのが難しいのです。

トイレのしつけも、引っ張らないことを教えるのも、
ハウスでの待機も、力づくで教えるのは難しいですし、犬にとってもよくありません。

例え、力づくで教えられたとしても、飼い主との関係はいい形にはならないでしょう。
力づくで何かをしてくる相手には、ストレスを感じるからです。

現代の犬は、その求められている姿が昔の犬たちと違います。

当然教えるべき内容も異なってきます。
古いやり方では、現代においては教えるべき内容を、うまく教えられないのです。

間違った知識、いい加減な情報を排し、正しい知識のみをもって接すれば、
犬をしつけることは、それほど難しくはありません。

正しい知識とは、実験で結果が再現できる、または観察によって必ず確認できる、
論理的に類推できる知識のことを指し示します。

関連記事

  1. 犬の習性や本能を理解する

  2. 犬の性格に合わせたしつけ

  3. 犬は叱らないとダメか?

  4. 犬のしつけを始める前に

  5. ホールドスティールで犬の服従本能を強化

  6. 見ない、喋らない

PAGE TOP