犬のしつけの基本

犬のしつけを始める前に

犬のしつけの重要性

あなたの愛犬は言うことを聞くお利口な犬でしょうか?

少しでも「う~ん、どうかなぁ~」と考えてしまうようでしたら、これから愛犬をしつけていきましょう。

まず、思うことは、愛犬の行動を変えることよりも、
まずは愛犬の飼い主であるあなた自身がしつけやトレーニングを学び、考え方を変えていく必要があるということです。

「うちの犬は何にでも吠えて困る…」
「トイレを覚えてくれない…」
「うちの犬はバカだから…」

と、愛犬に責任があるかのように考えている飼い主さんがいます。

しかし、このように考えている間は、愛犬の問題行動をいつまでたっても直すことはできないでしょう。

愛犬の問題行動は、間違ったしつけ方をしていた、
また、しつけをしてこなかった、飼い主さん自身にも責任があることを理解することが大切だと思います。

愛犬に何も教えていないのに、話せばわかるなんてことは、犬においてはありません。
教えられていないことは、指示されても、何をしたらいいのか犬も迷ってしまいます。

しつけの重要性

犬はしつけとトレーニング次第でお利口な犬にも、
わがままで暴れん坊で手のつけられない不良犬にもなっていきます。

また、可愛いからと甘やかしていると、犬は本能のまま育っていき自由気ままな犬になってしまいます。
あなた自身が愛犬の親となり教師となって、人間社会のマナーを教えていく必要があります。

犬はとても賢い動物です。しかし、飼い主やその家族に慣れるまではやはり学習が必要です。

犬は、迎えられた家族の中で「誰がリーダーなのか」「誰が一番下なのか」
ということを当然意識しています。

初めて迎えられた家族を見て、体の大きい大人をリーダーと認識し、
小さな子どもは群れの「同士」と認識するのです。

よく、犬を飼いはじめてしばらくすると、子どもに噛み付くトラブルを聞きますが、
それは一緒に生活していく中で

「リーダーに早く認められること」、「かわいがられること」

で生活に溶け込み安心したい気持ちの表れであり、自分の順位を決定付けようとしているのです。

犬は自分より子どもが叱られている姿を見ているうちに、「僕より下なのかなぁ」という認識を持つようになります。

いけないことはいけないことなので叱るのは当然なのですが、
犬を飼い始めたら慣れるまで、しばらく犬の前で子どもを叱るのは控えるとともに、
子どもに犬の面倒やしつけをさせましょう。

犬を叱るときは子どもに叱る訳を手短にきちんと説明してから子どもに叱らせ、
なるべく大人は子どものサポートに回るようにしましょう。

犬の世話をさせることで、子どもと犬の間で主従関係が生まれますし、
子どもにもルールやマナーを守るという自覚や責任感が生まれます。

犬が喜怒哀楽を表現するときを想像してみてください。

喜んでいるときは高い声をだしてしっぽを大きく振っていると思います。
怒っているときは「ウゥー」と低い声でうなり、
自分を大きく見せようとしっぽを立てて威嚇します。

褒めるときも叱るときも、犬の習性をしっかり見極め大げさに区別することで、
犬が理解できるような表現することも大切です。

そして、犬が命令を聞いたときはオーバーなくらいに褒め、叱るときは本気で叱りましょう。

褒めるときも叱るときも、愛情を込めるれば込めるほど
「大切にされている」と犬は認識し、応えてくれます。

これから問題にぶち当たることあるかもしれませんが、

運命的な出会いがあって、いまの愛犬と一緒に暮らすことになったのですから、
最後まで面倒をみることを約束してくださいね^^

犬の問題行動をほおっておくと…

犬を飼うということは、あなただけでなく他人に迷惑をかける可能性もあるのです。
また、犬自身にもよくありません。

ですので、問題行動をほおっておいて、いいことは何もありません。

例えば、よくあるのが無駄吠えですね。
犬が吠えるのには、必ず理由があるのですが、それがわからないと直りません。

無駄吠えによって、近所の方に、

「うるさいなぁ~」

「〇〇さん家の犬が吠えるから、目が覚めたじゃないかぁ~」

と、知らず知らずのうちに近所の方に迷惑をかけているかもしれません。
口には出さないけども、実は迷惑だと思われているかもしれません。

近所の人が犬が嫌いだったら尚更です。
犬が好きな人でも、生活に影響があると困ります。

問題行動は人に迷惑

無駄吠えだけに限らず、拾い食いなどもほおっておくと大変です。

犬の胃腸は、人に比べて、強くできているのですが、
道端に落ちている汚らしいパンの食いかけなど口にしてしまったら、飼い主としては、なんか嫌ですよね。

また、時と場合によっては、命にも関わってきます。
そこらへんにある草などでも、有毒な植物はあります。

また、散歩の場合中、犬にいつも引っぱられて、出会う人や散歩中の犬に吠えて、飛びついていき、
最悪の場合、リードがあなたの手から離れて、人や犬を噛んでしまうケースも考えられます。

そうなったら、大変です。
あなたが犬と一緒に楽しく過ごす理想的な生活とは一変してしまいますよね。

また、家のドアを開けたとたん、道路に飛び出してしまい事故にあってしまうかもしれません。

「もし、愛犬を呼び止めることができていたら…」

と、後悔しないためにも愛犬のしつけ、トレーニングの大事さを、もう一度考えてみてください。

関連記事

  1. 覚えさせるには体験させるしかない

  2. 見ない、喋らない

  3. 犬の習性や本能を理解する

  4. 間違いだらけの犬のしつけ常識

  5. 人間と犬の脳はどう違うのか?

  6. 犬は叱らないとダメか?

PAGE TOP