犬のしつけの基本

やる気を引き出すしつけ

犬が何かを学習するときは、「何かの行動をする」→「その行動によっていいことが起きる」→
「その行動を繰り返す」、というプロセスをふみます。

これについては、「犬の学習パターン」で説明しています。

例えば、飼い主のしてほしい場所で排泄をし、褒められてご褒美をもらえるとすると、
犬は「いいことが起きた」と思い、また同じ場所で排泄しようとします。

つまり、行動のあとに必ず「良い結果」があると、
犬は自らその行動を繰り返すようになるのです。

犬も人間同様に褒められるとやる気が出てくるということです。

失敗に罰を与えることで、その行動を減らすこともできますが、
失敗しないように導き、望ましい行動をしたら褒めて教えるのが基本です。

褒めることで効果的に犬のやる気を引き出せば、力ずくで従わせる必要はまったくありません。
飼い主も犬も楽しみながら、トレーニングができます。

褒めてしつける4つのメリット

・飼い主も犬も楽しくできる

褒めてしつけるトレーニングは、失敗を防ぎ、犬が正しい行動や
してほしい行動をしたときに、褒めてご褒美を与えるトレーニングです。

ご褒美を与えることによって犬のやる気を起こさせます。
従来のしつけと違って一切体罰を与えることはないので、飼い主も犬も楽しくできます。

・犬が自発的に行うようになる

犬は行動した直後に「ご褒美がもらえる=いいことが起こる」のを学ぶと、
自発的にその行動を繰り返すようになります。

たまたまペットシーツの上で排泄をしただけで褒められ、ご褒美をもらえたら、
犬も「またやってみようかな」と思うのは、当然ですよね。

・信頼関係が深まる

犬が何かを達成したら思いきり褒めて自信を持たせてあげます。

こうしたトレーニングを続けるうちに犬は「この人とだったら、何でもできる!」と、
飼い主への信頼を高めていきます。

犬があなたに笑顔を見せてくれれば信頼関係が深まっているという証拠です。

・子犬から老犬まで年齢問わずできる

犬にストレスをかけないので、子犬から老犬まで、あらゆる犬に教えられます。
「うちの子はもう成犬だから…」と諦めていた飼い主さんにも、おすすめしたいしつけ方です。

以上の4つが、褒めてしつけるメリットになります。

やる気を引き出すしつけ

罰を与える方法も効果的ではありますが、褒めて伸ばしていくことが基本と考えましょう。
犬が言うことを聞かないからといって叩いたり、殴ったりするのは、やめてください。

飼い主の「手」はからだを撫でたり、抱っこしたり、ごはんをあげたりするための
犬とのコミュニケーションに欠かせないものだからです。

犬にとってリラックスして受け入れられる、信頼できるものにしてあげましょう。

関連記事

  1. 犬の学習パターンを理解する

  2. 犬の性格に合わせたしつけ

  3. 覚えさせるには体験させるしかない

  4. 犬が同じことを繰り返す理由

  5. 8つの基本ポイント

  6. 褒めてしつける効果的な方法

PAGE TOP