犬を飼う前に

軽い気持ちで犬を飼い始めないように

犬を飼い始める理由は様々ですが、軽い気持ちで飼い始めるのはどうでしょうか…。

私たちは、どうして犬を飼いたいという欲求に駆られるのでしょうか?

あなたは現在、犬を飼われていますか?それともこれから飼おうとお考えですか?

■ 子供にせがまれたのでついつい飼ってしまった、飼おうと思っている。
■ たまたま友人、知人から押し付けられた。
■ ペットショップの店頭をのぞくと小犬がかわいくて衝動的に飼ってしまった、
買いたくなってしまう。

もしそのような理由なら、「吠えすぎる」とか
「噛みついた」などちょっとしたトラブルが原因で犬はいじめられたり、捨てられたり、
とてもかわいそうなことになってしまいます。

ですから、犬を飼うときは飼う意思をはっきり持つ必要があります。

そこで、犬を不幸にしないためにも家族みんなで十分話しあってから家族の一員に迎え入れてください。

犬を飼う前に

その1:犬を飼う目的を明確にする

犬を飼う時はどうして犬を飼うのか、
どんな犬がよいのか、犬を飼う目的と意思を明確にし、
その条件に合った犬を選定しなくてはなりません。

1)犬の世話をするのは誰なのかを確認し、犬の習性やしつけ、手入れ、散歩など具体的に
犬を飼うことの大変さを納得するまで話し合う。

2)特に小さな子供さんがほしがった場合は、食事や散歩、
病気になった時などの世話は自分たちの役目であり、一生面倒をみる覚悟が必要であることを確認する。

その2:飼う前の順備

犬は犬種によって性格が違い、同じ種類でも個性がある。

1)目的別に飼う犬の種類を決める。
犬は種類、性別(オス、メス)によっても性格が違うので目的別に選ぶ。

・番犬ならよく吠える犬!
・子供のために飼うならおとなしい性格の犬!
・アパートやマンションなどの室内で飼う場合はおとなしい性格の小型犬!

その3:家族の役割分担を決める

犬を飼う前には、飼ったあとに
生じるであろう様々なメリット、
デメリットをしっかり考え、家族全員で相談する。

1)世話する内容の役割分担は特に重要で、犬の世話は家族全員で行う。

たとえば、犬の散歩は長男、犬小屋やトイレ掃除は二男、
食事係はお母さん、散歩や犬の手入れはお父さんなどのように役割分担を決め責任を持って世話をする。

その4:必要経費を算出する

犬を飼う上で忘れてはならないのが費用の問題です。
一般的な室内犬にかかる月々の費用は次の通りです。

・犬の用品(グッツ、ゲージ入浴剤、トイレ用品等)の初期費用30,000円、
・餌代(ドッグフード)については小型犬で2,000円~3,000円
・トリミング代が4,000円~6,000円
・保健所への登録費3,000円
・混合ワクチン(5種~8種)年一回6,000円~10,000円
・狂犬病予防接種年一回3,500円程度
・フィラリア予防接種毎年7,000円程度
・その他費用、去勢手術20,000円、避妊手術30,000円

飼う前にしっかりと

一般的な健康な飼い犬の場合を見積ると・・・

一生涯(15年程度)として
3,000,000円以上といわれていますので、
一年間では約200,000円の費用がかかります。

愛犬を家族の一員として迎えるのですからその程度は備えておきたい費用ですね。

驚かれましたか?

「そんなにお金が掛るんだったらやめようかな?」なんて思わないでくださいね。
確かに、生き物を飼うということは生半可な気持ちでは飼えません。

犬は、言葉は話しませんが、その表情や態度、そして鳴き声などで
素直に私たちに対して愛情を表現してくれます。

そして、それが私たちにとっては最高の癒しになっている
のですからお金にはかえ難いものだと思いませんか?

もしあなたが犬を飼うのを躊躇しているのであれば、迷わずに飼ってみてください。
お金に代えられないものを得ることができます。

たとえば、あなたが正しいしつけをすることで、
犬との主従関係が確立され、信頼関係が深まります。

そして素直にいうことを聞くようになり、どんどんお利口になっていくのが実感できます。
それと同時に犬から得られるものが、たくさんある事がわかります。

それが癒し効果であり、心身の健康回復効果などです。
きっと「飼ってよかった!!」と思うはずです。

関連記事

  1. 犬の十戒

  2. 夫婦円満生活の秘訣は一匹の犬

  3. 犬と飼い主の共存社会の実現を

PAGE TOP