犬を飼う前に

夫婦円満生活の秘訣は一匹の犬

夫婦円満生活に犬が一役買っているというのをご存知ですか。

夫婦というのは、同じ屋根の下で暮らしているため、比較的、生活リズムも合わせやすいでしょう。

その中で夫婦円満の秘訣はいつくもあると思いますが、
一番はやはり、「夫婦」で散歩をすることだと思います。

そして一人で散歩をするよりも、二人ですることで、
「よし、もう少し先まで歩こうか」という気持ちも強くなります。

また、夫婦だからこそ「一緒に歩こう」という気になりやすくなるでしょう。

ちなみに、私の両親も、夫婦で毎日散歩をしています。毎朝の6時前には、2人とも自然に目が覚めます。
年も年なので、目覚まし時計なしで、比較的早い時間に目が覚めるのです。

時間的にも外はまだ薄暗いです。

大切な気づき・・・

さて、ここからがポイントになります。
早く起きて何もすることがなければ、テレビを見たり、新聞を読んだりするだけでしょう。

しかし、犬を飼っているとどうでしょうか?

我が家では犬を飼っています。名前は「ナック」です。

「早起きしたから、ナックの散歩を兼ねて歩きに行こう」。

母は父を誘い、もしくは父が母を誘い、愛犬ナックと一緒に散歩に出掛けるのです。
ここに夫婦円満の秘密が隠されています。

「毎日誰かと歩く」ということは、「毎日会話をする」ということにもなります。

「毎日会話をする」ということは、「日に日に仲が深まる」ということです!

散歩の習慣が、いつしかコミュニケーションの習慣になり、
絆を深くしたり意識あわせの時間になったりしています。

また、一定のコミュニケーション量をこなしていると、夫婦で考え方のすれ違いが発生しにくくなります。

なにより、そういうきっかけをつくり出しているのは、意外にも自宅で飼っている「一匹の犬」なのです。
私はそのことに気が付いたとき、ハッとしました。

それまでは両親の仲がいいのは、てっきり相性が初めから良かったからだと思っていました。
もちろん、そういう面もあるのも事実でしょう。

しかし実は、意外にも、自宅で飼っている犬が、夫婦円満に一役買っていると気がついたのです。

ペットの犬がいるからこそ、毎日の散歩という用事が生まれ、
夫婦で会話する機会が生まれ、円満に繋がっているのです。

また、犬と散歩をしているときって、不思議なことに口げんかって起こらないんですよね。

それはなぜか。

常に犬が仲裁に入ってくれるからです。

犬を飼っている方なら一度は経験があるのではないでしょうか。

家族の誰かが大きな声を出したり、口げんかをすると、「ワンワン」吠えたりすることが。。

普段、ゴロゴロ寝てばかりいる犬も、人が対立しているのを見ると、仲裁しようとするはずです。
犬は、人間が対立し合っているのはきちんと理解します。

「やめなさい」と犬が声を出すわけではありませんが、
しっぽをふったり飛びついたりなどして、2人の間に割り込んできます。

理性的に話をする人間に対して、犬はまったく無邪気です。
その無邪気さがいいのです。

理性と理性の間に無邪気が割り込むと、ちょうど中和される形になり、落ち着いた会話がしやすくなります。
無邪気な犬は、無邪気だからこそ、すばらしい仲介役になれます。

夫婦円満生活の秘訣

犬と散歩をしているときに、けんかはできません。
のんびりと散歩をしながら、無邪気な犬のおかげで家族との会話が弾みます。

家族と犬の散歩をしている間は、意外と落ち着いて物事の話ができるのです。

犬の散歩をすることは、話をする絶好の機会なのです。

よく、神様は、姿形を変えて、我々の生活のいたるところに存在すると言いますよね。
自宅で飼っている犬こそ、夫婦円満の神様に思えてきたのです^^

ナックに話しかけました。

「神様、ありがとう・・・」と。




すると「バレたか」と言わんばかりの表情で、しっぽをブンブン振っていたのでした。

関連記事

  1. 軽い気持ちで犬を飼い始めないように

  2. 犬の十戒

  3. 犬と飼い主の共存社会の実現を

PAGE TOP