無駄吠えのしつけ

犬の無駄吠えの原因とは

犬の行動それぞれに理由があります。

そのため、無駄吠えにも理由があり、そこを理解し
接し方を直すとともにしつけを行っていきましょう。

人が喋ることと同じように、犬は何かを伝えようと吠えるのです。

犬が吠えるのには、必ず原因があるわけですが、犬にとっては本能で吠える場合がほとんどです。

では、犬はどんな時に吠えるんでしょうか?

・人の注意をひきたいとき
・外敵から人を守ろうとするとき(チャイムなども)
・お腹がすいている、喉が渇いている、
· ひとりぼっちになるのが嫌で、周りに誰もいないと不安になってしまう犬もいます。

他にもあるかと思いますが、
犬の無駄吠えの原因は、基本的には「何か要求して吠える」場合が多いです。

何か要求して吠える

「ご飯早くちょーだーい!!」

「お散歩の時間だよー!早く連れてってー!」

「ケージから出してー!ワンワン!」

こういったものが要求吠えですね。

また、お留守番など、ひとりぼっちで寂しくてなくケースも多いですね!

これがストレスとなり、迷惑な音を発するようになるのです。
特に最近は、一人暮らしで犬を飼う人も増えています。

そんな中、昼間はマンションでひとりぼっちで待っているという犬が増えてきているのです。

寂しさのあまり、声をだして泣いたり、壁を傷つけてみたり。
ストレスは犬の精神的部分にも、負担を大きくかけてしまいます。

ですので、あなたと一緒にいる時でも、犬が一人でいることを学ぶことも大切です。

くんくん鳴くたびに要望に応じてしまうと、
犬はあなたが常に一緒にいてくれることを期待するようになります。

ひとたび習慣化してしまえば、今度はそれを変えるのに苦労します。

それでもいいという方もいるかもしれませんが、
あまりにも甘やかしていると、ペットホテルに預けたときなど、
とても困ることになってしまいます。

犬の要求に応じている限りは、犬は静かになりません。

そして、自分の願いを叶えたいがために、わざとワガママに
振る舞うようなことがあれば、それを正しく指導する必要があります。

ブルドッグいびき
ちなみに犬種によっても無駄吠えの多い少ないがあります。
ブルドッグなどは少ないと言われています。いびきが多いようですけどね。

関連記事

  1. 訪問者や他人に吠えるのを直す

  2. 要求吠えを直す

  3. インターホンに吠え飛び出すのを簡単解決

  4. 音に反応して吠えるのを直す

  5. いつまでも直らない無駄吠え

  6. 家族の留守中に吠えるのを直す

PAGE TOP