無駄吠えのしつけ

家族の留守中に吠えるのを直す

留守中の無駄吠えを直す方法とは?

外出中は犬がお利口にしているか心配ですよね。もし、ワンワン吠え続けていたら…
家族の留守中に吠えて、近所から苦情が来てしまうケースがあります。

そうならないためにも、留守中の無駄吠えは直したいですよね!

留守中に吠える理由としては、常日頃から犬に構い過ぎて、
人がいないことに不安を覚え、待つことにストレスを感じて吠えるというのが大きな理由です。

ですので、ある程度普段から「孤独」に慣れさせる必要があります。

このような留守中に吠える行為を直すには、

1) 出かける時の雰囲気を犬に感じさせない
出かける前、帰ってきた後しばらく(30分位)は犬を無視し続けます。
2) 始めは5分、次は10分と、外出時間を徐々に伸ばして、慣れさせる。
3) 可能であれば、テレビやラジオをつけておき、人の気配を残しておく。
4) 普段からたまに犬を無視するなど、ある程度、犬と距離を作っておく。

飼い主が常にそばにいる、ベッタリとした関係は犬にとって、いいことではありません。
犬の依存心が強くなり、問題行動を起こす一因となってしまいます。

犬のしつけは成犬(生後1~2年以上経過した犬)だと少々、時間がかかってしまうのも事実です。
なかなかうまくいかずに、自信をなくし

「素人が犬のしつけなんて無理。」

「専門家にお願いした方がいいのでは・・・」

と思うかもしれませんが、犬のしつけ教室などで、
「犬だけ」しつけてもらっても、意味がありません。

飼い主と犬との主従関係が成り立たなくては根本的な解決にはならないからです。
とにかく犬に甘えないことが一番なのです。

要求吠えもかわいそうだから、ご飯あげないとなど、
犬に負けては、主従関係はできません。

ですので、日頃から犬との間に一線引いておくことで
犬にも独立心がつくので必要以上に構わないことです。

犬のお留守番

また、家族の留守中に吠えるのを直す方法として、
皆一斉に外出するのではなく、1人ずつやや時間を置いてでていくこともよいでしょう。

そして、いつも出掛けるときに「行くよ」「行ってきます」など
犬に声をかけている場合はやめましょう。これからはそっと出ていくようしてみましょう。

その他にも効果的なのが「外出前に散歩に連れて行き充分な運動をさせること」です!

運動は構うことと同時に、不安と緊張を減じる効果があるので、
外出する前には犬に充分な運動をさせるのもおすすめです。

関連記事

  1. いつまでも直らない無駄吠え

  2. インターホンに吠え飛び出すのを簡単解決

  3. 要求吠えを直す

  4. 訪問者や他人に吠えるのを直す

  5. 音に反応して吠えるのを直す

  6. 犬の無駄吠えの原因とは

PAGE TOP