無駄吠えのしつけ

インターホンに吠え飛び出すのを簡単解決

訪問者や配達人が玄関のインターホンを鳴らすと、
真っ先に”お迎え”に出るのはだれでしょうか。

やっぱり愛犬でしょうか?

頷いている人も多いかと思いますが、
ドアを開けたら犬に吠えかかられる側はたまりません。

犬が苦手だったりすれば肝を冷やす思いになるのは確実です。
犬は耳がいいですから、遠くから足音が近づいてくるのを察し、反応します。
音に反応

飼い主に「ワンワン」と知らせるくらいの反応で、飼い主が制止すれば
おとなしく座っているということなら、全く問題ありませんが、
制止も聞かず玄関にすっ飛んでいくのは困りものです。

この飛び出しをどう解決するのか?

玄関の上がり框にはたいてい玄関マットが敷かれていると思います。
これを活用するのです。

玄関マットに紐をつけ、裏返しにします。
マットの裏側は滑りにくい素材が使われていたり、滑らないための工夫が施されていますから、
通常の敷き方では具合が悪いのです。

準備はこれだけです。

まず、インターホンを「ピンポン」と鳴らします。

家族の一人をインターホン係にしてもいいですし、
携帯電話の着信音をインターホンに似たものに設定しておいて、鳴らしてもらうのもいいでしょう。

インターホンの音がすれば、当然、犬は吠えたてて玄関に飛び出していきます。

犬の様子をチラッと盗み見て、
裏返しにした玄関マットの上に乗ったのを確認したら、紐を引きます。

框に接しているマットの表側はふわふわ素材で滑りやすくなっていますから、
マットは動いて犬は足元をすくわれ「スッテンコロリン」となります。

犬の意識は玄関を開けるだろう侵入者に集中していますから、
この不意打ちはこたえます。

どこからかふってきた”天罰”としか考えられないわけです。
ここに、紐による遠隔操作の意味があるのです。

インターホンの音を聞いて飛び出していくと、
いつもこの天罰が下ることがわかれば、自然に飛び出しはおさまります。

「飛び出していくと、いつもスッテンコロリンじゃたまらない」
犬だって不快な目に遭うのは避けたいのです。

飛び出し直る

飛び出しに困っている飼い主のみなさんに、その効果を実感してほしいのです。
驚くほど早く、犬は変わっていくでしょう。

ただし、それまで犬に対して暴力的な対応、
例えば、無駄吠えしたときに叩いたとか、おもらしをしたところに
鼻先をギュウギュウ押し付けた、などの対応をしてきたというケースでは、

飼い主と犬との関係がこじれたものになっていますから、
即効での効果は期待できないかもしれません。

甘やかす(正確には飼い主が犬に甘える)ことはあっても、
誠実に犬と向き合ってきたということであれば、犬は素直なまま育っているはずです。

ただ少々”天狗”になっているだけですから、
その鼻っ柱をへし折ってやればすぐに変わります。

無駄吠えを直す伝家の宝刀

また、無駄吠え、要求吠えをストップさせる高度な方法もあります。
使うのはお酢です。

お酢を半分くらいの濃度に薄めて、霧吹きの中に入れます。
吠えだしたら、このお酢スプレーを周辺にシュッシュッと撒くのです。

素知らぬ顔、あさってのほうを向いてシュッシュッとしましょう。

味覚には並外れてすぐれている犬は、お酢の刺激臭で「クシュン」となり、
吠えなくなります。とくに多頭飼いのケースでは、ハウスを使うにしろ、
リードを使うにしろ、マンツーマンの対応はなかなかできません。

集団を一気に”黙らせる”には、お酢スプレーは有効です。

もちろん、お酢スプレーをつねに使うということでは困ります。

犬は静かになったけれど、部屋のなかにはいつもお酢のにおいが充満しているというのでは、
暮らしにくいことこの上なしですから、
次は号令一つで犬が「シーン」となる方法へのトライです。

これは難しいことではありません。
シュッシュッで静かになったら「シー!」の一言。

お酢のにおいの不快な刺激と「シー!」を犬の頭にワンセットでインプットさせるのです。
そうすると、吠えていても「シー!」で、

「おっといけない。黙らないとまたあの嫌なにおいがくる」と、
犬が過去の嫌な不快な経験を思い起こし、「静かにしとこ」となるのです。

犬おとなしくする

マンションなどの集合住宅で犬を飼う場合は、
隣家や階上、階下に配慮するのが基本的なマナーです。

最大のご近所迷惑はけたたましい吠え声ですから、
伝家の宝刀として、お酢スプレーの方法も覚えておくといいと思います。

トラブルへの対応策をたくさん知っておくと、飼い主も余裕をもって犬と接することができます。

吠えはじめたら最後、「どうしていいかわからない!」ということでは、
たちまちパニック状態になるでしょう。

飼い主の余裕のなさは、暴力的な対応の背景になったりします。
「この手がダメでも、あの手があるさ…」

そう、そんな余裕もいい関係を支えるのです。

関連記事

  1. 音に反応して吠えるのを直す

  2. いつまでも直らない無駄吠え

  3. 訪問者や他人に吠えるのを直す

  4. 要求吠えを直す

  5. 家族の留守中に吠えるのを直す

  6. 犬の無駄吠えの原因とは

PAGE TOP