散歩のしつけ

マーキングは大きな迷惑をかけてしまう

ここでは、「マーキング行為」についてお話ししていきます。

犬のお散歩中、電柱などに向かって足をあげて
チョイチョイとオシッコをしている光景をよく見かけませんか?

これは犬にとってただの排泄ではなく、
自分のテリトリーを主張するために行われる行為で、「マーキング」というものです。

困ったことに、電柱や草むらだけでなく、よその家の外壁やプランター、
個人の所有物にまでマーキング行為が及んでいるのが現状です。

よくあるのが、マンション周辺のおしっこ跡。
身勝手な飼い主がいる一方、そのおしっこの匂い、跡を消すために
デッキブラシ等を使って清掃をする人もいます。

マナーがあればこんなことはする必要はありません。
そして、一度コンクリートに染み付いたおしっこはなかなかとれません。

また、マーキングによるトラブルもよく聞きます。

お散歩中、犬にマーキングをさせている飼い主さんは多いです。
あまりによく見かける光景すぎて、犬にマーキングをさせることが
ごく当たり前と考えている人がとても多いように感じます。

一方、マーキングは良くないことと知りながら、
犬の本能だから仕方ないと、マーキングをさせ放題にしている飼い主さんもいます。

人の迷惑を知りながら、なぜやめさせないのか不思議でなりません。
マーキングをされた家の人や、モノの所有者へ配慮する気持ちはそこにはないのでしょうか?

庭先にペットボトルをズラ~っと並べているお宅をたまに見かけることがありますが、
そのペットボトルの意味をご存知でしょうか?

「ここにはオシッコをさせないでほしい!」とアピールしているのです。

これは少し露骨なやり方かもしれませんが、
マーキングで住民に迷惑をかけていることを、飼い主さん自身が気づいていないことが問題なのです。

「敷地内にオシッコされるのは不愉快だ!」これがそこに住む人の本音なのです。

草むらにオシッコをさせているんだから別にいいだろう、という意見もあるかもしれません。

犬のマーキング

場所にもよるでしょうが、それが公園内の草むらなら、マナー違反と言えます。
公園は子供たちの遊び場、住民の憩いの場であって、犬に排泄させるための場所ではないからです。

公園では子供たちが土遊びなどもしますし、草むらに入って遊びます。
もしその場所が犬のオシッコだらけだとしたら?

不衛生極まりないですよね。

あなたにお子さんがいたら、わざわざそこで遊ばせたいと思われるでしょうか? 

こんもり茂った草むらは、犬にとって絶好の排泄場所かもしれません。
でもだからといって、子供たちの遊び場を汚してまで、そこで排泄させる必要もないわけです。

犬は放っておくと、電柱や草むらだけでなく、
道路脇の駐車場に入り込んで、とめてある車やバイクに向かってもマーキングします。

大事にしていたバイクにマーキングをされ、怒った持ち主が犬を蹴飛ばし、
相当なケガを負わせた
という話を聞いたことがあります。

これも、飼い主側に配慮する気持ちさえあれば、こんなひどい事態にはならなかったわけですね。
犬の本能であるマーキングかもしれませんが、人間社会のマナーをしつけなければ、
犬のためにもよくないということです。

腹が立ったからといって、犬に大ケガをさせるほど蹴飛ばすのはどうかと思いますが、
大事にしている物を汚された所有者の気持ちは理解できるのではないでしょうか。

犬のマーキングに対して賛否両論があるかと思いますが、
このまま放置していい問題でないことは確かです。

マーキングの対処法を考えると、犬のしつけ云々ではなく、
飼い主さんの問題意識やモラルが大きくかかわっていると思われます。

マーキングをやめさせようと思えば、今すぐにでもやめることができるからですね。 

公共物を汚さないように、そして他人の迷惑にならないよう配慮する気持ちがあれば、
おのずと解決する問題ではないでしょうか。

関連記事

  1. 犬の糞は持って帰ること

  2. 犬がマーキングする理由

  3. いつまでも直らない散歩マナー

  4. トイレの教え方、覚えさせ方

  5. 散歩中の拾い食いのしつけ(基本)

  6. ノーリードが原因で

PAGE TOP