散歩のしつけ

散歩中の拾い食いのしつけ(基本)

犬の散歩中に気を付けなければならないことに、拾い食いがあります。

犬の散歩中の拾い食いは危険という認識はありますか?
最悪の場合命に関わることもありますからね。

全ては飼い主の責任です。そうならないために、拾い食いのしつけをしましょう。

犬のしつけが出来ていないと、まるで探知犬のように
何か食べるものはないかと地面をクンクン臭いを嗅ぎながらの散歩になってしまいます。

これではもはや散歩ではなく、単なるエサさがしになってしまいますよね。

しかし、道路には何が落ちているかはわかりません。
万一、犬にとって毒なものが落ちていたら、命にかかわることになるかもしれないのです。

実際に身近な植物でも有毒なものはたくさんありますし、
マナーの守れていない飼い主のせいで、犬の糞が放置してあることもあります。
たばこの吸い殻など色々あります。これらを食べてしまうのは危ないですよね。

あなたは、愛犬にそんな悲劇が訪れる可能性があるのに、
いつまでも拾い食いをさせていいのですか?

犬 なんでも食べる

具体的なしつけ方としては、

わざと犬の好むものをあらかじめ散歩コースに何カ所かに置いておき、
犬が食べ物に反応し近づいて食べようとしたところで、
犬の向かっている方向と逆の方向に向かって歩き出すのです。

そうした行動を何度か繰り返して行うことによって、
おいしそうな匂いがしても食べられない・・・ということを犬が理解してくるのです。

そんな思考パターンが確立されてしまえば、
犬はおいしそうな匂いのするものが道端に落ちていようが、何も気にならなくなります。

ただしここでも、リードは張ってしまってる状態で反対方向に
歩いても効果は得られません。

必ず犬が食べ物に近づくときには、リードが緩んだ状態を作り、
リードが張る直前に反対方向に歩き出すことで、犬は一瞬、首に不快感を覚えるのです。

ここで大事なことは、その瞬間に

「ダメ!」とか「食べない!」などと声をかけないことです。

声をかけてしまうとその効果も半減してしまうのです。

拾い食いの問題だけに限りませんが、
毅然とした態度をとることが効果を引き上げます。

飼い主であるあなたがリーダーであるということを
しっかり意識して接していきましょう。

犬の拾い食い

散歩中の拾い食いで、愛犬の命が脅かされるようなことがないよう、
しっかり犬の散歩のしつけをしておくことが大切です。

関連記事

  1. 犬がマーキングする理由

  2. 拾い食い止めさせる簡単な方法

  3. トイレの教え方、覚えさせ方

  4. 首輪を嫌がる犬にも簡単につける方法

  5. 散歩中犬に引っ張られるのを直す

  6. 犬が歩かないのを直す

PAGE TOP