散歩のしつけ

犬がリードを引っ張るのを直す

リーダーウォーク

犬がリードを引っ張っている光景はよくみますが、犬にも飼い主にとっても良くありません。
ですのでリーダーウォークを身に着け、主従関係を築きましょう。

まず、リーダーウォークとは、飼い主の主導による歩き方で、
犬が飼い主を無視して行動する事に対して、反対に飼い主が犬を無視して行動することで、
犬に好ましい行動に気づかせ、犬が社会で生活するのに好ましい能力を引き出し、
犬の好ましくない能力を引き出さない方法です。

ですので大事になるのが、「見ない、喋らない」です。
これを徹底し、犬に逆らって歩けばいいのです。

リードを引っ張ることは飼い主のみならず、犬にとっても不快なものです。

首や胴体を引っ張られた状態の犬は散歩中に興奮しやすく、
むやみに吠え立てたり他の人や犬に突進してしまう傾向にあります。

リードをたるませて歩くことは、犬が突発的な衝動を抑え、落ち着いた行動をとることにもつながります。

リーダーウォーク

リーダーウォークは初期から後期(上級者用)まで方法を変えながら行われます。
基本は、犬に感じてもらうこと、考えてもらうことです。

まず、初期では変化を感じてもらいます。

犬が勝手な方向へ自分勝手に行こうとしますが、
飼い主は無言で急に止まってしまいます。犬はどうなるでしょう。

犬はまだ勝手な方向に行こうとしますが、飼い主は付いてきません。
当然犬は戸惑います。今まで飼い主は犬に付いてきたからです。
繰り返すうちに犬も飼い主の変化を感じて変化が現れます。
 
中期では、犬に考えてもらいます。
まだ、犬は飼い主から離れているはずです。
今度は犬の名前を呼んだり、声をかけたりして、こちらに注目させます。

少しの時間ですが、犬はどうしようか考えるはずです。
そうしたら犬の来る方向と同じ方向に歩き始め「よしよし」とかほめ言葉も加えます。

この場合、飼い主の側は楽しく安全な場所でなくてはなりません。
ここまでくれば犬の名前を呼んだだけで側に来てくれます。

リーダーウォークの目的は、犬に、飼い主を引っ張って歩いたり、
逆らって歩いたりすることはできないと思わせ、飼い主に従って歩くことを覚えさせます。

犬が飼い主よりも前へ出ようとしたら、無言でUターンします。
つまり犬が引っ張る方向と反対にいきます。
犬が右へ行こうとしたら無言で左に曲がるということです。

まず、お散歩で一番やっかいなのが犬がぐいぐい引っ張って
コントロールできなくなってしまうことで、この症状が家庭犬の中で多いのも事実です。

そこでリーダーウォークをしていただきます。

リーダーウォークは、無視・無言というのが鉄則で、犬は人間の左側というのが基本です。
チェーンカラーをつけた犬と、いつもどおりにお散歩に出かけてください。

そしていつもどおりに犬が先にあるいは横に引っ張ったら、
犬を絶対に見ないで、180度反対方向に
引き綱を瞬間的に強く引きます。犬が倒れるくらい引いてください。

綱を引いた方向にどんどん歩いて行きます。
しつこいようですが、無視・無言を守って行ってください。

なぜかといいますと、ご存知のとおり、犬は言葉を使いません。
かわりに体表現(ボディランゲージ)によって、意思を伝え合います。

散歩中の犬が、通りすがりのほかの犬に吠えてしまっているとき、

飼い主さんが
「こら、いけないでしょう。この子はほんとにもう、すいません。」

などと苦笑して優しく話しかけている光景をよく見かけます。

言ってきかせようとしいているうちは、失敗します。
言葉がわからない犬が、こんな注意の仕方で効果があるわけがありません。

むしろ「もっと吠えろ」とあおられていると勘違いしてしまっているかもしれません。
こんなときは、上記のとおりに何も話さず180度反対方向に強く引いてください。

無視が必要なわけは、強いショックを与えたときに目が合うと、
不信感を抱いてしまうからです。

犬の本能では、対面は対決を意味する場合があります。

こうしてリーダーウォークをしていくと、
早ければ5~10分ほどで犬の態度がガラリと変わってきます。

どうやってもこの人間にはついていかなければならないと、犬なりに納得するのです。
犬は人の顔色を見るようになり、黙ってもついてくるようになります。

こうなったとき、主従関係が確立します。
この主従関係を築かないことには、何を教えても効果がありません。

犬は潜在的に服従本能を持っています。(もちろん権勢本能も持っていますが)
リーダーウォークはその従属しようとする能力を引き出すのにとても有力な方法です。

たとえ、あなたの愛犬が成犬を過ぎてしまっていても、決してあきらめないで下さい。
飼い主さんの対応の仕方によっては完治も可能です。

リーダーウォークで変化が見えるようになったら
指導手が止まったら、座らせる。座るまでは、無言・無視。

座ったらチェーンカラーを持って犬のあごの下につけ、指導手の方を見させる。
その時はじめて犬の目を見て、誉めるます。
※このとき変にオーバーリアクションで誉めないこと。

すぐ調子に乗る犬がたまにいます。静かに誉め、おやつを与えてもいいです。

次に何をするかと言いますと、

・ 走ってみる。走るとテンションが上がって、
  飛びついて来たり前に引っ張ったりする犬がいるので、冷静に対処します。
・ わざとゆっくり歩いてみる。
・ 他の犬とすれ違ったりしてみる。
・ 犬がついてくるか試してみる。
  右回り、左回りなど、指導手が色んな方向に動いて、ついてくるか試してください。

このように、あらゆる状況下でも飼い主さんが対応できるようにしてください。

リーダーウォークをマスターできれば、人の大勢いる公園でも、ウィンドーショッピングでも、
余裕のあるお散歩が可能になります。

オペラント式訓練技法

そして、リーダーウォークがある程度うまくいったら
飽きがこないうちに一旦終了させて服従訓練を始めます。

スワレ・フセ・マテなど、基本的なものはもちろんのこと、
色々な珍芸を覚えさせるのも楽しみがあっていいでしょう。

人のいいなりになるこれらの行動は、服従本能を発達させるのに良好な訓練です。

犬が自発的・積極的・喜求的な行動をさせる訓練方法をオペラント式訓練技法といいます。

その犬の一番好きなおやつなどを与えて訓練する技法で、
一般愛犬家の方々には最適な訓練方法であると言えます。

おやつをあげるときに、誉め言葉も忘れないようにしてください。

犬が命令の言葉と動きを理解してきたら、
おやつをあげる間隔を不定期にしていってください。

いつもらえるかわからない状態にし、おやつがなくても喜んで行動するようになってきます。

まずは、このリーダーウォークをしっかりさせてください。
このリーダーウォークができれば、多くの問題行動の解決にもなり、
そして様々な訓練も簡単に対応することができます。

リーダーウォークのまとめ

1、犬が先を歩いたら、180度向きを変え、自分が先頭になるようにする。

2、無視、無言をし、リーダーだという意識を持つ。

飼い主の横を歩くことは心地よいということを徹底的に犬の脳に刷り込むことに重点を置いていきましょう。

関連記事

  1. ドアを開けると飛び出してしまうとき

  2. 散歩中の拾い食いのしつけ(基本)

  3. トイレの教え方、覚えさせ方

  4. いつまでも直らない散歩マナー

  5. 拾い食い止めさせる簡単な方法

  6. 犬が歩かないのを直す

PAGE TOP