散歩のしつけ

首輪を嫌がる犬にも簡単につける方法

散歩に出かけるときのことを思い浮かべてください。
どんな手順で散歩をスタートさせていますか?

「首輪はつけっぱなしにしているから、リードをつけて、
トイレ掃除グッズをもって、さあ、出発という感じかな」

「うちは室内では首輪をつけていないから、まず首輪をつけるところからはじまって、
リード、掃除グッズ…という手順かな」

散歩前の”儀式”としてはおおまかにはこの2タイプでしょう。
問題はそれがスムーズに行われているかどうかです。

首輪をしようとすると嫌がる。リードをつけようとすると逃げ出す。
ドアを出るまでにひと悶着あるようでは、これは困った状況です。

首輪つけない

そこで解決のための方法をご紹介しましょう。
そのまえに首輪について、私はこう考えています。

室内で飼っている場合は、散歩に出かけるとき以外は首輪をつけないほうがいい。

長毛種に首輪をつけっぱなしにしていると、首輪の跡がついてファッション的にも減点ですし、
首輪をつねに着脱することには意味があるからです。

首輪の着脱をするときには、首や頭部、
あるいは耳や口のあたりに触れることになります。

犬にとってそれらの末端部分はできれば触られたくない部分なのです。
爪や尻尾もそうですが、からだの末端部分は弱く、もし攻撃されたらダメージが大きいため、
犬には守ろうとする本能が働きます。

逆に考えれば、その末端部分を”解放”する、
つまり、自由に触らせるということは、飼い主に対しての服従宣言をしていることなのです。

首輪の着脱の際に末端部分に触れ、触れられることに慣らしていくことは、
犬に服従意識をもたせる格好のアプローチでもあるというわけです。

首輪つけっぱなし派の飼い主のみなさん、一度見直しを検討してみてはいかがでしょう。

さて、首輪をつけようとすると嫌がる犬対策に進みましょう。
推奨の方法はこれです。

散歩の時間になったら、片手で首輪をもち、
もう一方の手でレバーなど大好物のエサをひとかけらもって、エサを首輪の間から差し出します。

犬はエサの方に口を近づけていきますから、エサをもった手を手前に引き寄せると、
自然に犬が首輪に頭を突っ込むことになります。

そこで、首輪をつけエサをあげます。
散歩前の儀式としてこれを何度か繰り返してみましょう。

首輪好きになる

「首輪のなかに自分から頭を突っ込むと、おいしい思いができるんだな」

犬も人間もおいしいものにはからっきし弱い。
これで首輪を嫌がっていた過去の自分とは決別です。

首輪をもっただけでサッと自分から首を入れてくるようになるのです。

うちの愛犬もみなこの方法でしつけました。
首輪を広げて「ハイ」と声をかけると、すぐに首輪に首を突っ込んできます。

首輪付けの練習

ここで少し楽しいことを考えましょう。この方法は遊びバージョンです。
口の前に両手で輪をつくって、そこに犬の顔を入れさせる。

さっきもお話ししたように、鼻先や口は本能的に守りたい部分ですから、
狭い両手の輪のなかに自分からはなかなか入ろうとはしません。

ここはやはり、おいしい誘惑です。
エサを口にくわえて両手で輪をつくります。

これで犬はエサのにおいに誘われて輪のなかに顔を突っ込んできます。

しばらくはエサが必要ですが、そのうちに両手で輪をつくって
「ハイ」という言うだけで、顔を突っ込んでくるようになります。

飼い主の愛犬を存分に可愛がりたいという”欲求”も大満足のこの遊び、
実は犬が人に対して従属的になることを教える有効なしつけにもなっているのです。

重要なしつけ法の一つに「マズルコントロール」があります。
この遊びはまさにそのバリエーションです。

犬が「はい、喜んで!マズルコントロールしてください」となっていきます。

関連記事

  1. 犬の爪切りのコツと方法

  2. 犬の糞は持って帰ること

  3. ドアを開けると飛び出してしまうとき

  4. 犬がリードを引っ張るのを直す

  5. 散歩中犬に引っ張られるのを直す

  6. 犬がマーキングする理由

PAGE TOP