散歩のしつけ

犬がマーキングする理由

なぜ、犬はマーキングをするのでしょうか?

マーキングにはきちんと意味があり、
飼い主としてマーキングをさせるべきか、させないべきかよく考えましょう!

縄張りを主張

マーキングとは犬がテリトリー、つまり縄張りを主張する行為です。
とくに雄の犬は、自分の縄張りを誇示するために、より高い位置におしっこをかけようとします。

去勢手術をしていない雄犬の飼い主さんにとって、
マーキングの習性をやめさせるためには、どうしつけをしたらよいか悩む飼い主さんも多いと思います。

特に子犬から飼っている場合、ようやく排泄のしつけが完璧にできたと思った頃に始まるので、
何か他のことが原因で、決まった場所での排泄ができなくなってしまったのでは、と悩んでしまうかもしれません。

室内で飼っている場合は、部屋中にマーキングをされる可能性もあり、その度に、掃除するのも一苦労です。

最初はお散歩中の行動の変化などで気がつくかもしれません。

本来マーキングは、犬が自分の縄張りを示すために自分の匂いを残す行動で、
片足を上げておしっこをかけるのがその行動を起こす時のポーズの特長です。

マーキングをする時は、行動の前にその場所の匂いを一生懸命嗅ぎまわります。

しかし、本来のマーキングの理由もだんだん薄れてきて、
犬が散歩中マーキングをする理由は、本来のマーキングの意味とは少し違ってきているようです。

マーキング 意味

マーキングでテリトリーを主張するよりも、マーキングをすることで、
「僕はここの近くに住んでいます。」と他の犬に知らせる目的の方が強いようです。

犬はマーキングの匂いで、犬の種類や性別を判断することもできます。

しかし、あちこちの電柱や塀にマーキングさせるのは、飼い主としてマナー違反です。

人の敷地内などは絶対にいけません。 マーキングはおしっこではないので、毎回させる必要はありません。
させても良い場所を限定し、それ以外は立ち止まらずにドンドン歩いて通り過ぎてしまいましょう。

マーキングは、早期に去勢することである程度は予防が可能です。

必ずマーキングを予防できるとは限りませんが
、去勢手術を行なうことでそれ以外にも多くのメリットがあります。

また、雄犬と雌犬では多少意味合いが違うようです。
雌犬の場合は、発情していることを知らせるために雄犬のマーキングされた場所に放尿します。

また、体に臭いを擦り付ける行動もします。
犬は動物の死骸や、ゴミ、または排泄物を体に擦り付ける習性があります。

獲物に近づくために、自分の臭いを消したり
獲物の臭いと同化して獲物を捕獲し易くするためだと考えられています。

飼い主としては、 最低限のマナーとして、犬が散歩のときマーキングをしたら、
水で流したり、消臭グッズで匂いを消しましょう。

コンクリートに匂いがしみ込んでしまうと、なかなかとれません。
掃除をして匂いを取り除いたつもりでも、また同じ場所に繰り返される率が高いです。

ですので、散歩のしつけを身につけ、マーキングはさせないことが一番です。

関連記事

  1. マーキングは大きな迷惑をかけてしまう

  2. 拾い食い止めさせる簡単な方法

  3. 犬の糞は持って帰ること

  4. 犬がリードを引っ張るのを直す

  5. 散歩中の拾い食いのしつけ(基本)

  6. ドアを開けると飛び出してしまうとき

PAGE TOP