犬の心理

犬のハウスは小さいほうがいい

初めて犬を飼う人はハウス、ケージはどれくらいの大きさにすれば良いのか悩むでしょう。

「大切な犬だから、奮発して立派なハウスを買い与えてやろう」

と犬を愛する気持ちから、大きな犬小屋を買い与えてあげることがあります。
しかし、奮発して大きなハウスを買ってあげたのに、嫌がって全然使ってくれないときがあります。

犬のハウスというのは、犬にとっては安心して休める場所でなくてはなりません。
はたして大きいハウスは安心して休めるハウスと言えるのでしょうか。

ハウスの中に入ってもすぐに出てしまう。
寝るときもなぜかハウスの外。
まるでハウスを嫌がるようなしぐさを見せることでしょう。

もちろんこれにもちゃんと理由があります。
飼い主として良いことをしたつもりでも、犬にとっては全然嬉しくないということです。

「せっかく高いお金を出して、大きなハウスを買ってやったのに!」

と飼い主としては、かっとなるかもしれません。

ここに犬と人間との違いがあります。
人間からすれば、広いところのほうが快適に感じ、贅沢でうれしく感じます。

しかし、犬の場合は必ずしもそうではありません。

何もない広い空間を、犬は嫌がります。敵から見つかりやすく、落ち着かないからです。

これには犬が野生で暮らしていた時代の名残があります。
敵から身を隠すために、暗くて狭いところに身を隠して生活していたからです。

犬にとっては広いスペースで眠ると言うことは、寝ながらも常に警戒心を持っていなければいけません。

犬のハウスは小さく

でも、穴倉のような、犬が体を横たえる程度のしっかりと壁で囲われたようなスペースであれば、
外敵を警戒する必要もなく、犬は安心して休んだり、眠ったりすることが出来ます。

もし広い場所だと、敵に見つかりやすいため、そわそわして落ち着かないのです。
せまく洞穴などで身を潜める、敵からの見つかりにくい場所のほうが、安心ができたわけなのです。

ですので、犬は狭くて暗い場所のほうが好むのです。
ハウスを買うときには、大きなものよりも、小さなものを買い与えるようにしましょう。

そのほうが経済的であり、しかも犬は喜ぶのです。

犬が横たわる程度のスペースでいいのです。それが一番犬にとって安心できるハウスです。
犬のハウスは、暗くて狭いほうがいいということを覚えておきましょう。

このほかにも犬にとって安心できるハウスはなにかと考えたとき、
「扉のついたケージ」がいいでしょう。

犬が横たわって体を回転させることができる程度の必要十分なスペースがあり、
かつ入り口が扉で閉められるケージです。

必要十分なスペースでも、入り口に扉がなければ、
犬は外敵が進入してくる可能性があると思うので、そこについては警戒心を払う必要が出来てしまいます。

でも、扉があれば、例え外敵が来ても中に入ることが出来ないのは、犬にもわかるのです。

よく、警戒心の強い犬の場合に見られるのが、

ケージの扉が閉まっている時は、人がケージの閉まっている扉に近づくと、
中の犬もゲージの扉のところに近づいてくるけど、
扉を開けたとたんに、ケージの奥へ引っ込んでしまう犬がいます。

扉の存在とその役目をちゃんと理解しているということですね。

関連記事

  1. 犬が自分の足を舐める理由

  2. 犬が足をなめてばかりなのは

  3. しっぽの動きで気持ちがわかる

  4. 犬の目を見るのはよくない?

  5. ボディランゲージとカーミングシグナル

  6. 他の犬のお尻の匂いを嗅ぐ理由

PAGE TOP