犬の心理

おいでというと嫌がられる理由

愛犬に「おいで」と言うと、嫌がってどこか行ったり、なんてことありませんか?

犬の名前を呼ぶことはよくあることですね。
しかし、名前を呼んでも来ない、無視される、聞こえないふりをされる、
さらに、嫌がられるなんてこともあったりします。

犬 無視

聞こえないふりは、なんとも愛くるしいのですが、嫌がれるというのは困ります。
もし、愛犬の名前を呼んで嫌がられたときどのような対応をしますか?

愛犬の名前を呼ぶときで多いのが、リードでつなぎたいときだったりします。
「おいでおいで」と、室内で飼っている犬をリードでつなごうと思い、呼ぶことがあります。

一応、ふり向きはしますが、その後は無視。
確実に聞こえているはずなのに、聞こえないふり。

場合によっては、逃げようとさえします。
こういうケースにはある共通点があります。

大抵、呼ばれて飼い主のところに行けば、リードにつながれる場合です。

リードにつなげる前に、いつも「おいで」と言っていると、
犬はこの言葉に拒否反応を示すようになります。

「おいで」=「リードをするよ」と言っていることと同じ意味になってしまいます。

ですので、聞こえていても聞こえないふりをしたり、逃げたりするのです。
なんと賢いのでしょう。

犬の学習能力は、とても高いです。

ではこういうとき、どうすればいいのでしょうか。
まず「リードでつながれること=嫌なこと」という印象を取り払うことが大切です。

リードでつながれていても、楽しいことはたくさんあるよと思わせるのです。

リードでつないだ後に、ブラッシングやマッサージなどをしてあげたり、
頭をなでてあげたりなどしてあげましょう。

たとえつながれたとしても、楽しいことが待っていると思わせることができれば、
言うことを聞いてくれやすくなります。

また、リードをするという以外にも
「飼い主のところにいくと、嫌なことがある…。」

と思われているうちは、なかなか呼んでも来てくれません。

犬は基本的に自分が「嬉しい」「楽しい」「心地よい」
と思うこと以外は何もしたがらないのです。

犬 楽しい

犬にとって嬉しいや楽しいと感じることはなんでしょうか?

ほとんどの場合が、ご飯やおやつを食べるときやお散歩、
おもちゃなどで遊んでいるとき、寝ているとき、などなどいくつもありますね。

そして、飼い主になでてもらう、褒められるというのが一番かもしれません。

ですので、犬を呼ぶときはこういった楽しいことをしてあげればいいのです。

ただ注意したのが、犬を呼んで、来たからといって、ずっとだっこしていたり、
嫌がっても離さなかったりすると、

「おいで」=「捕まえられる」

という認識になってしまうので、
もし、犬が嫌がったときは、そっとしておいてあげましょう!

犬を呼んでも来ない根本的な理由は、100%主従関係ができていないからです。
名前を呼んでも来ないときの改善法」でも説明しています。

関連記事

  1. 犬が車の窓から顔を出すのはどうなの?

  2. 他の犬のお尻の匂いを嗅ぐ理由

  3. 犬が足をなめてばかりなのは

  4. 犬があごを地面につけて寝る理由

  5. 犬が口元を舐めれくる理由

  6. ボディランゲージとカーミングシグナル

PAGE TOP