犬の心理

犬が背中を向ける理由

犬が飼い主に背中を向けるのはなぜでしょうか。
あなたも経験ありますか?これは犬に嫌われているということではありません。

犬が飼い主に背中と向けるというのは、元々犬同士であった行為です。

遊んでいる相手に対して、急に体を横に向けたり背を向けたりします。
他の犬に唸られたり、急に接近されたりするとこの動作をします。

また犬にとって背中やお尻は無防備な場所でもあります。
ですので、人に対して背中を向けるのは信頼しているからだと考えられます。

よく、「犬に、後ろから触ったりしてはいけない」と言いますが、
これは、犬が飼い主に背中を向けることが恐怖心になってしまうからです。

犬に背中を向けられたら 信頼されているということですので、そっとしておきましょう。

犬と一緒に寝ることもあるかもしれませんが、その際に飼い主にお尻を向けて寝るのは、
同じく信頼しているという意味もあります。

犬同士でも背中を向けるということは、
「信頼しているよ」というサインになるので、人間が犬に対しても使うことができます。

犬が背中を向ける

例えば過度に飛び付いて困る犬に対して素早く背中を向け、
これを何度も繰り返すと、犬の方があきらめて自然に飛び付きは少なくなると思います。

また、子供が苦手な犬に対しては、わざと犬に背中を見せさせるようにすると、
逆に犬の方から関心を持って近づいて来る事が少なくありません。

他にも、興奮している相手に対して、「落ち着きなよ」という意味もあります。
犬に背中を向けて犬を無視するとすれば、犬も飼い主の気持ちを察するはずです。

つまり、これを応用したしつけも可能です。
愛犬が興奮状態にあって、落ち着かせたい時に、背中を向けてしまいます。

興奮が止んで大人しくなったら声を掛けてあげたりし、ご褒美をあげるというのも効果があります。

来客者に対して吠える場合、できることならば来客者に協力してもらい、
犬が大人しくなるまで背中を向けてもらうのもいいです。

犬に対し「敵ではないよ」ということを意味するので効果的です。

ものすごく攻撃的な犬が人間に向かってきたときも、
背中を向けるのは怖いですが 犬に背中を向けると犬は飛びつくことが出来ず、
その人の周りをグルグル回ります。

関連記事

  1. 地面に体を擦り付ける理由

  2. 犬のハウスは小さいほうがいい

  3. ボディランゲージとカーミングシグナル

  4. しっぽの動きで気持ちがわかる

  5. 犬が足をなめてばかりなのは

  6. 犬があごを地面につけて寝る理由

PAGE TOP