犬の心理

他の犬のお尻の匂いを嗅ぐ理由

犬同士お尻の匂いを嗅ぐことはよくあります。
これは問題行動ではありません。そっと見守ってあげましょう。

犬同士がお尻の匂いを嗅ぎ合うのはよく見るのではないでしょうか。

とくに、初対面の犬に対しては必ずと言っていいほどします。
また、犬だけに限らず、飼い主や他の人にすることもあるでしょう。

犬同士がお尻の匂いを嗅ぎ合うのは、挨拶のようなものです。

肛門の近くに「肛門腺」と呼ばれる部分があります。肛門とは別の穴です。

犬が出会いがしらに、いきなりおしりを嗅ぎたがるのは、
この肛門腺から出る独特のにおいだったのです。

肛門腺からの匂いは、おしっこともうんちとも違う、独特の匂いがあります。

お尻の匂いを嗅ぎ合う犬

人間には「くさい」というくらいしかわかりませんが、
人の100万倍もの嗅覚を持つ犬にとっては多くの情報源になります。

性別、性格、強さ、発情状態、また驚くことにそのときの気分までがわかるとされます。
いわゆる、自分のことを説明する名刺のようなものです。

いえ、人間以上に多くの情報が詰まっている名刺といってもいいでしょう。

おしりのにおいを嗅ぎあうのは、名刺交換をして、
しばらく会話をしているような状態なのです。

また必ずしもお尻だけとは限らず、耳の臭いを嗅いだりし挨拶もします。

人間でもそうですが、相手のことがよくわかると安心ができますし、仲良くなりやすくなります。

犬の場合も、相手のことがよくわかるほうが、
上下関係や距離感などをつかみやすくなり、仲良くなりやすくなるのです。

そして、次会ったとき、どこのどの犬かわかるようです!

散歩の途中で出会った見知らぬ犬同士や、
ドッグランで犬同士が交流する際は必ずといっていいほど、

この「おしりの臭いを嗅ぐ」という犬流のあいさつが見られるでしょう。

飼い主としてはなんだか恥ずかしく、愛犬を引っぱりやめさせようとしてしまいそうなものですが、
そこはしばらく待ってあげましょう。

この理由を知っておけば、飼い主同士での会話のきっかけにもなるでしょう。
ですので、もし状況が許せるのなら、そのままにしておいてあげたほうがいいです。

関連記事

  1. ボディランゲージとカーミングシグナル

  2. 犬が背中を向ける理由

  3. 地面に体を擦り付ける理由

  4. 犬が口元を舐めれくる理由

  5. 自分のしっぽを追いかける

  6. なぜおもちゃを振り回すのか

PAGE TOP