犬の心理

自分のしっぽを追いかける

あなたは愛犬が自分のしっぽを追いかける姿を見たことがありますか?

犬が自分のしっぽを追いかけるのはなぜでしょうか。
なかには、永遠と何時間も追いかける犬もいるそうです。

もし子犬の場合であれば、基本的に見るもの全てに興味があるので、
自分のしっぽに気づき、無意識で追いかける事があります。

しかし、大人になっても自分のしっぽを追いかけるのは、
仔犬とはちょっと違った理由です。

自分のしっぽを追いかけるのは、何かのストレスを抱えている場合が多いです。

散歩の時間が少なかったり、遊びの時間が少ないかもしれません。
他にも嫌なことがあるとストレスになります。

ストレスがなくても、自分のしっぽを追いかけるようになることがあります。

不快感のサインのときもあります。

しっぽの付け根や背中に痒みを感じていたり、炎症が起こっていたり、
また寄生虫や肛門嚢に疾患があることでも、それが気になってしっぽを追いかける行動をとることがあります。

また、体にノミがいたときも痒みの不快感から
そのような行動をとることがありますのでチェックしてみるほうがいいです。

しっぽを追いかけているように見えて、
背中だったり、肛門だったりに違和感がある場合もあります。

ですので、見た目には尻尾を追いかけている時とあまり変わらないので、
気づきにくいかもしれません。

しっぽを追いかける犬

しっぽを追い回すのをやめさせるには、まずは原因を探すことです。

炎症などないかチェックし、なければストレスです。
突然はじめたのであれば、最近なにか変化がなかったか思い出しましょう。

例えば、犬の大事なおもちゃを捨てたりだとか。

そして、まずはしっぽを追いかける行動を褒めないことです。

誉めていないにしても、笑ったり、騒いだり、名前を呼んだりしながら
その行動に注目をするのはやめましょう。

犬にとって飼い主の注目を集めることは大きな喜びとなります。

犬がある行動をした後に、飼い主が何らかの対応をすることによって、
「○○をすれば相手にしてもらえる」と不適切に学習することによって、
その行為を繰り返すようになります。

ですので、基本的には無視が一番です。

そして、ストレスを抱えている訳でもないのに、
犬が回る行動を続けるようでしたら、一度、獣医に相談した方がいいでしょう。

また、尻尾の長い犬種の場合だと、追いかけてるうちに尻尾に追いつき、
ガブっと噛みついて、自分で自分を傷つけてしまう事もあります。

関連記事

  1. 犬が足をなめてばかりなのは

  2. おいでというと嫌がられる理由

  3. 犬が背中を向ける理由

  4. 地面に体を擦り付ける理由

  5. 他の犬のお尻の匂いを嗅ぐ理由

  6. ボディランゲージとカーミングシグナル

PAGE TOP