その他しつけ

犬のシャンプー嫌いを改善するには

シャンプーが嫌いな犬は少なくないかと思います。

「さあて、今日はきれいに洗ってあげるか」と
飼い主が意気込んでバスルームで準備などしていると、
もう気配を察しておよび腰になったりする。

シャンプー嫌いもなんとか改善したいテーマの一つです。

これもやはり慣らしていくほかありません。

小さな子犬のうちからまめにシャンプーをしていれば、
絶対、シャンプー嫌いになることはありません。

問題は嫌がる犬の勢いに屈して、これまで自分ではシャンプーをしてこなかったというケースです。

とはいえ、飼い主が一念発起してシャンプーに取り組むと決めても、
いきなりシャワーを浴びせかけたのでは、さらにシャンプー嫌いを高じさせるだけです。

犬の気持ちを理解した方法が必要です。

それを紹介する前に、まず、シャンプーの基本を頭に入れておきましょう。

犬は人間より二度くらい平均体温が高いため、
お湯の温度はややぬるめに設定することが大切です。

飼い主が手で触って「これじゃあ、ぬるいな」というのが適温です。

人間にとっていい湯加減では、犬には熱すぎて
「ハァハァ」息を荒げることになり、体力も消耗してしまいます。

さて、洗い方ですが、シャンプーに慣れていない犬の場合はシャンプーは当面、控えることです。
たらいや桶にお湯をはって足からそのなかに入れるようにします。

犬にお湯を少しずつ

足を入れたら、お湯を足の上部、おなか、背中、頭…と少しずつかけてゆきましょう。

足を入れるのを嫌がるということなら、たらいや桶の外に立たせて
おなかや背中からお湯をかけるのがいいかもしれません。

抵抗感が強いときは、二人がかりでとり組み、犬に首輪をつけて一人が首輪をもって首を固定し、
一人が洗うというようにするとうまくいきます。

助っ人が期待できないときは、リードをつけて
シャワーカーテンのパイプに吊った状態にしておくという方法もあります。

リードで上部に固定すれば、犬はしゃがむことができませんから、
一人でもなんとかシャンプーがこなせます。

はじめは、”完璧”を求めないのもポイントです。

からだの隅々までピカピカに洗い上げようとしても、
それまでシャンプー嫌いを通してきた犬には無理というものです。

まずはお湯で全身を洗い流せばいい、というくらいに考え、
濡れるのに慣らすことに重点を置いていきましょう。

性急さは禁物です。たらいや桶のなかで手で「ゴシゴシ」。
それを嫌がらないようになったら、シャワーを「チョロチョロ」。

シャワーの「ジャーッ」は相当場数を踏ませてからにしてください。

シャワーの後の仕上げも大切です。

「なんとか、シャンプーできたぁ!」とホッとして
毛や地肌を完全に乾かすのを忘れてしまうことがあるからです。

からだに水分が残っていると、皮膚に湿疹ができる原因にもなります。
タオルで拭き上げたあと、ドライヤーを使って完全に乾かすようにしましょう。

ダックス 乾かす

ドライヤーの音を怖がるようなら、音に慣れさせる方法で、恐怖感を取り除いておきましょう。
シャンプーはこの仕上げまで確実やってはじめて完了です。

シャンプーは、しばらくシャンプーしていないとか、
からだの汚れが目立ってきたとか、必要性を感じたときに洗うということでいいと思います。

しいていえば、毛が抜ける時期には比較的洗う頻度を多くするということくらいでしょうか。
真冬はあまり洗いません。

いかがでしょうか。犬の苦手だったシャンプーもできそうな気がしてきませんか?
本来、犬は水が嫌いではありません。

犬の気持ちに沿って無理がないように進めていけば、
シャンプー嫌いはだれにだって克服することができるのです。

耳に水が入らないシャンプーのコツ

ペットショップなどの美容師さんは、みごとな手際で犬の手入れをします。
さすがはプロといったぐあいです。

シャンプーでも犬の耳のなかまできれいに洗い、シャワーでザァッと洗い流して、
鉗子の先につけたコットンで水分を拭きとります。

「ね、そうでしょ。シャンプーは美容師さんにおまかせしたほうが…」

もちろん”おまかせ方式”で犬を飼いたいのなら、私には文句をいうつもりはまったくありません。
飼い方は飼い主の考え次第です。

どのようなかたちで犬との暮らしを満喫しようと自由です。
ですので、シャンプーは自分でするという自由も当然、あってしかるべき。

犬の耳に水が入らないかどうか

そんな飼い主にはシャンプーのとき犬の耳に水が入らないかどうか、気になるところかもしれません。

犬にとって聴覚はきわめて大切な感覚器官ですから、
シャンプーで入った水が耳に残っているのはよくありません。

犬自身もからだをブルブルッと振るわせて”水切り”をしますが、
それでは水分一掃というわけにはいきません。

家庭でのシャンプーでは首から上にはシャワーをかけないほうがいいと思います。

どうしても洗いたいというときは、コットンを活用するこんな方法を採用しましょう。

シャンプーの前にコットンをまるめて犬の耳に詰めておくのです。
耳栓があれば、頭からジャブジャブ洗っても耳の中にまで水は入りません。

シャンプーがすんだら、ウェットティッシュなどで耳の中を拭いてやれば、
清潔さを保つ手入れとしては申し分なしです。

品評会に出すといったケースでは、それこそ耳の中まできれいに洗う必要があるかもしれませんが、
通常の犬との暮らしのなかでは、そこまでする必要はない、と私は思います。

首から上にシャワーをかけなくても、蒸しタオルで頭や顔を拭いてやれば、
汚れは十分に落とせますし、せっかくの器量が台無しということにはならないはずです。

「ま、そこまで神経質にならなくてもいっか」

そんな飼い主のおおらかさも犬の幸福につながります。

関連記事

  1. 人の食べ物を欲しがるのを直す

  2. すぐに命令に従うようになる方法

  3. ドアを開けると飛び出してしまうとき

  4. エサに飛びつくのをやめさせる方法

  5. 食事時間にそわそわする原因

  6. 大きな音を怖がるときはどうする?

PAGE TOP