トイレのしつけ

失敗しないトイレのしつけ

トイレのしつけは時間がかかり、根気が必要でもあります。
しかし間違ったトイレのしつけをしていたら、さらに時間がかかってしまいます。
そうならないために参考にしてください。

元々、犬は自分の寝るところ以外はすべてトイレだという解釈をしています。

ただ、人間社会ではそれは通用しませんので、
気分良く生活するためにもトイレのしつけは必要です。

ちなみに、トイレの仕方を覚えるには犬種や性格にもよりますが、
平均、半年以上かかるものなので、途中で諦めることなく続けてください。

トイレは褒める

トイレのしつけは叱って覚えさせることも可能ですが、
叱るタイミングがとても難しく、1度でも叱るタイミングを間違えてしまうと、
悪影響を及ぼしてしまいます。

ですのでやはり、トイレのしつけは上手にできた時だけ褒めることで覚えさせるのがコツですね!

ですが、ここまで理解していても、トイレのしつけに失敗してしてしまうケースがあります。

失敗しないトイレのしつけとは

サークルやゲージ内に「トイレ」と「寝床」の両方を設けて
犬が常にその中で飼育されている状態では、垂れ流しをしているだけでトイレを覚えません。

寝る場所とトイレは、別々に設けてゲージなどはトイレだけに使用して、
トイレで寝させないようします。

留守が多く長時間ゲージやサークル内でお留守番をさせている状態も同様でトイレ飼いです。
トイレ飼いは、糞食癖の原因にもなります。

ですので、この写真のように半分トイレ、半分にマット(寝床)のような飼い方は
一般的のようですが、実はこの飼い方は50%程しか成功しません。

失敗しないトイレのしつけ

トイレシートの上で寝てしまい、寝床の方で排泄してしまう逆行為のトイレを教えてしまいます。
人がトイレと決めても犬がトイレと認識しなければ無駄になってしまいます。

ケージ内の左でするのか、右でするのか、犬によって違います。

ですので、ここを把握せずに、トイレと寝床の位置が決まっているケージの場合、
寝床でトイレをしてしまうことも起きます。

最初は、トイレスペースを広くしましょう!

やはり最初は、犬がケージ内のどこでトイレをするのかを見極めましょう。
それがわかれば、そこにシーツをセットしておくだけです。

ですので、最初はトイレスペース以外の場所を無くし、トイレ用トレーの
上でしか排泄出来ないように工夫してください。

ケージ内一面にシーツを敷くなどですね。

排泄後は、寝床として別の場所にハウスを用意して扉を閉めて閉じ込めてください。
こうするとトイレと寝床の区別がハッキリして早くトイレを覚えます。

幼犬を室内で自由にさせて飼育している場合、
トイレをしつけようとしても100%失敗します。

キチンとトイレのしつけが出来ていないのに自由に室内に放し飼いは、
粗相をすることを教えています。

トイレのしつけが一番時間がかかり、子犬から幼犬時期になる頃に油断して
室内を自由に行動をさせて粗相を習慣づけてしまうと、
トイレのしつけは、特に難しくなります。

このように、ハウス、トイレ、室内、この区別をしつけましょう。

ハウスから出したらまずトイレに出して排泄をさせます。
       ↓
排泄が上手に出来たらよく褒めて室内でコミニュケーション作りをします。時間は10分以内に留めます。
       ↓
室内でのコミニュケーションも短時間で終わらせて、もう一度トイレに出して排泄するようならさせます。

そしてハウスで休息させます。
このローテーションを繰り返してトイレのしつけをすると失敗が無く出来ます。

関連記事

  1. おしっこがはみ出すのを解決

  2. トイレの教え方、覚えさせ方

  3. 計画的にトイレに誘導させる

  4. トイレのしつけを始める前に

  5. よく観察しシーツにさせる

  6. 犬のおもらしの原因は

PAGE TOP