トイレのしつけ

ケージを使ってトイレを成功させる

犬は経験を積めば積んだだけその動作が習慣化してしまいます。

間違った場所で排泄をしていたら、そこにすることが習慣化してしまい、
直すことがとても難しくなってしまいます。

犬にトイレを教えるには、失敗させない環境をつくり、
何度も成功を繰り返させることがポイント
になります。

そのためには、犬をしっかり「監視」「管理」することが大切です。

おすすめできる簡単なトレーニング法は、トイレにしたい場所を決め、
そこを囲ってしまい「監視」する方法です。

ケージなどにペットシーツを敷き詰めて、それをトイレにしてしまう方法が最も簡単です。

四面囲われたケージなら、その中のどこで排泄をしてもかまわないし、
排泄をするまでの間、犬をそこにとどめておけるので失敗も少なくなります。

ケージの中で排泄をしたらしっかり褒めて、そこでしていいことを教えていきます。
ケージを使うといっても、犬をずっと入れておくわけではありません。

あなたが犬をしっかり「監視」できる状況なら、トイレケージから出し、
排泄のタイミングがきたら、こまめにトイレに連れていってあげればいいのです。

ただ、あなたが忙しくて「監視」できないときは、犬が失敗しないようサークルに戻して
しっかり「管理」してください。

管理するには「ハウス」(犬が立ってギリギリ、寝てギリギリのサイズ)
を用いるのもひとつの方法です。

犬は、寝床を排泄物で汚したくないという習性を持っているので、
ハウスに入っている間は排泄を我慢します。

ハウスは、犬が失敗しないようにするための、いわば「オムツ」のようなものと考えるといいですね。

「監視」と「管理」がしっかりできれば、トイレを一週間で教えることもできます。

トイレケージ

「ケージ=かわいそう」の意識を変えよう

ケージを使ってトイレを教えていけば、排泄するまでの間、
犬をその場にとどめておいたり、犬から目を離すときに失敗させないよう、しっかり管理できます。

「ケージに入れておくのはかわいそう」という飼い主も多いようです。

しかし、かわいそうだからと、トイレを覚えていない犬を部屋の中で自由にさせておき、
失敗したからと叱ったり、罰として狭い部屋やケージに閉じ込めてしまう…。

そのほうがよっぽどかわいそうです。

トイレをきちんと教えるには、「ケージ=かわいそう」という考え方を見直しましょう。

ケージを使ってトイレを教えれば失敗を減らせるので、犬も早くトイレを覚えることができます。
犬をケージから解放して早く自由にしれあげられるのです。

トイレを覚えれば、犬から目を離したり、留守番をさせるときもケージに入れずに、
自由にさせておくこともできます。

そのほうが犬にとっても飼い主にとっても幸せなのではないでしょうか。

排泄のタイミングを知ろう

トレーニング中は、排泄の時間を予測してトイレケージへ連れていくことが大切です。

子犬であれば最低でも1時間おき、成犬も以下のときに排泄をしますから、
犬の排泄のタイミングを把握し、こまめにトイレに連れていきましょう。

また、排泄のタイミングでなくても、排泄の前に示すトイレサインが出たら、
すぐにトイレに連れていけるようにしておきましょう。

【排泄しやすいタイミング】
1、寝て起きたあと
2、水を飲んだあと
3、遊びや散歩などで体を動かしたとき
4、興奮したあと
5、食事のあと

【トイレサイン】
・グルグル回る(排泄場所を決めたら、その場をグルグル回りはじめます)
・においを嗅ぐ(床のにおいを嗅いで落ち着かないときは、トイレを探している)

家にいる時間を増やそう

トイレを早く覚えさせるコツは、つきっきりで教えることです。
トレーニング中はなるべく時間をつくり、つきっきりいいいで教えてあげましょう。

家族がいるなら誰かに見てもらったり、交替で早く帰るようにしたり工夫してみましょう。
また、できれば連休や夏休みを利用してトレーニングするのもおすすめです。

集中して教えたほうが、犬も早く覚えてくれます。

そして、犬を見ていられないときはハウスに入れましょう。

ご飯を食べるとき、洗濯物を干す、取り込むときなど、
犬から少しでも目を離すときは、犬が失敗しないよう「ハウス」か「トイレケージ」に入れましょう。

また、犬は不安定な場所では排泄しないので、一瞬目を離すときなどは
抱っこしておくのも良いでしょう。

いずれにせよ失敗させない環境づくりが大切です。

関連記事

  1. よく観察しシーツにさせる

  2. 号令で排泄を促すには

  3. トイレの教え方、覚えさせ方

  4. おしっこがはみ出すのを解決

  5. 計画的にトイレに誘導させる

  6. 犬のおもらしの原因は

PAGE TOP