トイレのしつけ

留守中の犬のトイレ管理

トイレのしつけを成功させるには飼い主が家にいて、
監視と管理がしっかりできることが大前提です。

飼い主が留守の間は、褒めることもできず、トレーニングは一切できません。

逆に、その間に失敗を繰り返し、犬がどこに排泄してもいいんだと学んでしまう可能性がありますから、
トイレを覚えるまでは留守中の環境づくりがとても大切になります。

留守中は、犬が遊べるよう、なるべく広いスペースを提供してあげましょう。

市販の四面ケージのサイズでは犬を長時間入れておくには狭すぎて、
ケージ内ではどこでも排泄をしてしまいます。

とはいえ、部屋の中をフリーにさせておいて、
帰ってきたらあちこちに排泄をしていたというのは、最悪のパターンです。

留守中はサークルを2つ以上つなげるなどして広いスペースを与え、
寝床とトイレは離しておきましょう。

また、その中だったらどこで排泄してもいいようにペットシーツを全面に敷いておくなど
絶対に失敗のない状況をつくり、出かけましょう。

犬 留守番

留守番の多い犬のためのトレーニング

1、ケージ全面にペットシーツを敷き詰めてどこで排泄するかをチェック

まずは四面ケージを2つつなげて、床の前面にペットシーツを敷きつめます。
おもちゃなども入れておいて犬を中で遊ばせながら排泄をするのを待ちます。

2、留守番用の環境を整える

1で排泄をした場所にトイレトレーを置き、いったんそこをトイレにします。
そこからもっとも離れたところにハウスやベッドなどを置いて、
犬が安心して休めるスペースをつくってあげます。

3、排泄をしない場所のペットシーツをはがす

2の状態で何度か留守番をさせてみます。そうすると、排泄の場所が2~3カ所程度に決まってくるので、
その場所のペットシーツだけを残し、排泄しない場所のペットシーツをはがします。

4、トイレトレーだけにする

3で、10回中9回はトイレトレーの上でできるようになったら、トレーだけにして床のペットシーツをはがします。
もし、このときに何度も失敗するようなら、トイレを覚えていない証拠です。

留守番中にトイレを失敗させないための工夫

飼い主がいなくなると、退屈でしょうがないと感じている犬や寂しくて不安な犬は、
トイレを失敗しやすいものです。ケージの中を楽しいところだと思わせることが大事になります。

飼い主が家にいるときは、留守番用のケージの中に一緒に入って遊んであげましょう。

ご褒美をケージの中やベッドの中にまいておいたり、中で遊んだりしながら「いい子ね」などの
褒め言葉をかけてご褒美を与え、「この中にいると楽しいことがある!いいことが起こる!」
犬に覚えさせていきます。

また、毎回の食事をケージ内で与えるのも楽しいことの条件づけになります。

かじるものを用意する

かじりがいがあって、転がして追いかけたりもできるおもちゃやコングを用意しましょう。
コングの中にフードや、犬の好きなおやつを詰め、ケージの中に最低3個以上は入れておきます。

ちょっとずつ食べても、犬はまだ中にいいものが入っているかもと、夢中になって取り出そうとします。
それで疲れて、留守中もよく寝てくれることも多くなります。

出かける直前はかまわない

犬は飼い主のことをよく観察しているので、外出する準備をはじめると敏感に察知します。
ケージに入れたら、吠えても無視しましょう。

かわいそうで「ごめんね」と声をかけたり、かまったりすると犬は、
よけいに吠えたり、ペットシーツやケージをかじるようになってしまいます。

出かける直前はさりげなく準備をし、犬を見ないようにして外に出ます。

関連記事

  1. 号令で排泄を促すには

  2. おしっこがはみ出すのを解決

  3. トイレの教え方、覚えさせ方

  4. ケージを使ってトイレを成功させる

  5. よく観察しシーツにさせる

  6. マーキングをさせないためには?

PAGE TOP